悪魔のイタズラ

定番はいつもの如く現れてくれれるのですが、その出現距離もいつも
の様に100mから・・・
アナドリなんかは比較的に近くを飛んでくれますが、素早いのでこれ
はこれで難しい。

画像に残すと簡単に撮影できそうですが、それなりに苦労があります。
それでも、定番は何度かはチャンスをくれると思います。

あ、セグロはそうでもないか。3回くらいでしょうか。

しかし、たった1回しかないチャンスも有るのです。それも数年に一度
の・・・

Bonin Petrel (Jul/2015)

エサを持ったアナドリに対してしつこく盗賊行為をするシロハラミズナギドリ。
Bulwer's Petrel above , Bonin Petrel below (Jul/2015)

Audubon's Shearwater (Jul/2015)

Bulwer's Petrel (Jul/2015)

Wedge-tailed Shearwater Pale-type (Jul/2015)

Wedge-tailed Shearwater Dark-type (Jul/2015)



思えば、8年前。竹芝を出てほんの少しの所で出現したシロハラミズナ
ギドリの仲間。

私には、ただその激しく上下する姿を双眼鏡に入れるのがやっとでし
た。
その姿を見事カメラに収めたものを見せて頂いた時のあの感動。翼下
面にバッチリ太いバーが・・鮮烈な印象を受けたのです。

それから時を経て、突然そのチャンスがやってきたのです。船首から
いきなり飛び込んできた、青灰色の翼を持つシロハラ系。

只者じゃ無い事は直ぐにわかり、息を殺しながらファインダーに入っ
たと同時にシャッターを切る。しかし、力を入れた人差し指には無情
にも何の反応もないのです。

焦りながら、何度押しても無反応・・・ カメラの電源を入り切りし
てもなにも反応しないまま、被写体はもう遙か彼方の波間へと消えて
行ってしまいました。

しばし呆然として、その起きてしまった事の重大さに、怒りがこみ上
げてきました。でも、やり場の無いその怒りはほんの瞬間で、直後に
襲ってくる深い悲しみ、涙が出そうになってきました。

幸いにバッテリーの抜き差しでカメラは回復したものの、直前まで何
もなく使えただけに、よりによって何故あの瞬間にこんなエラーが出
てしまうのでしょうか・・・

悪魔のイタズラとしか言いようがない仕打ちをくらってしまい、モチ
ベーションは一気に下がってしまいました。

その青灰色の翼上面にはМのマーク。そして翼下面には黒いぶっとい
バー。

8年越しの夢だったそのチャンス。その後は二度と現れる事はありませ
んでした・・・

地獄に突き落とされた気持ちで一杯のまま、

ボニンブルーの果てに島影が見えてきました・・・。
■  [PR]

  # by KOICHI_78 | 2015-07-28 16:01 | 海鳥

飛ぶ

なんせ、船上での鳥の撮影は疲れるのです。
長時間緊張感を保ってないと撮影に至りません。

そんな中、つかの間の癒しがイルカの出現です。

でも、ある意味鳥を撮影するより困難かもです・・・。
マダライルカ/Pantropical Spotted Dolphin (Jul/2015)
■  [PR]

  # by KOICHI_78 | 2015-07-27 11:59 | イルカ・クジラ

カツヲ

今回の船旅でも、アカアシカツオドリ成鳥の歓迎会はありませんでした・・・
その代り若いのが出迎えてくれましたが、ちょいと寂しいですね・・・。
Red-footed Booby immature (Jul/2015)

Brown Booby Adult-male (Jul/2015)
■  [PR]

  # by KOICHI_78 | 2015-07-24 19:04 | 海鳥

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE