急降下

青く高い空を見上げ、そこに肉眼でやっと確認できる黒い点。
双眼鏡で覗くとそれが猛禽である事が解ると、なんだかとても得をした気分になる。
でも、そのシルエットの尾の形を見て、本人?には悪いが「トビかー」と語尾が下が
ってしまう時もある。
なんでだろうか?紛れもない猛禽なのに、見慣れている訳でもないのだけど・・・
しかし、今回はチョッと違った。
いつものフィールドでチュウヒが揺ら揺らとヨシ原をやっていると、突然上空で弧を描
いていたヤツが急降下してチョッカイをしだした。
急な展開でいくらかチュウヒも怯んだが、反撃しだした。
でもそれは決して相手を傷つける行為ではなく、何か戯れているかのようだった。

僕は面白いなーと何枚か撮った。
そしてそれを改めて見ると、「トビもなかなかヤルナー」と感心し、猛禽である事が
改めて確認できたように・・・思えた。
c0035296_22103293.jpg

左 トビ、右 チュウヒ (05/03/21撮影)
[PR]

  by KOICHI_78 | 2005-03-23 22:12 | ワシ・タカ・フクロウ

<< たかがムクドリ、されど・・・ 変身 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE