運命

細かな雨がぱらつく田んぼの畦。
その畦をたどると、弱々しい視線を送ってくる一匹の動物・・・
はじめはキツネかと思い慎重に近づくも、逃げる気配がない。

どうやら、野良犬でした。

昨今、ペットとして飼われる犬に服などを着せてねこっ可愛がり、いや犬・・・
されている中、こういう過酷な運命をたどっている犬もいるのです。

本降りになってきた帰りの車の中、何とも言えない気持ちがこみ上げてきました・・・。

c0035296_10501442.jpg

[PR]

  by KOICHI_78 | 2014-12-21 10:54 | 動物

<< 2014年の鳥 アラオバ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE