エメラルドな彗星

昨日はサァーッとフィールドを回った後、今流行り?の彗星撮影に挑んでみた。
勿論専用の道具など無く、デジタルカメラに稼働率の低いサンニッパを組み、
レリーズでシャッターを切るという、通常鳥を撮影するのとさして変わらぬ撮
影スタイル。

ただ、対象の彗星をこの暗い夜空で見つけられるのかとの不安もあったが、事
前情報収集と防振双眼鏡のお蔭で割とすぐ見つけられました。

思えば今から18年前、ド素人のくせに当時ニュースで賑わっていた百武彗星を
撮影したいが為、深夜車を走らせ光害のない暗い場所を探しまわり、睡魔と寒
さの中レリーズを切ったのを思い出します。
勿論その頃は今みたいなデジタルではなく、フィルム使用の撮影だったので、
プリントが出来上がるまで期待で一杯でしたが、後日渡された写真を見て愕然
としたのを今でも覚えています。

しかし、あれから随分写真の業界の技術は進んだものです。現場で結果を見なが
らの撮影は失敗を少なくさせ、楽です。でも何かロマンが無いというか・・・、
いやいやそのお蔭でこのにわか仕込みのド素人にも、なんとなくそれっぽいもの
が撮影できたのでした。やっぱり技術進歩に感謝・・・。
c0035296_1194194.jpg
Green Comet Lovejoy C/2014 Q2 (10/Jan/2015)


この彗星、次に地球で見られるのは8000年後ですって
ポータブルな赤道儀、買っちゃおうかなー・・・。
[PR]

  by KOICHI_78 | 2015-01-11 11:15 | その他

<< 薄明 無題 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE