江戸前大盗賊

6~7年前の5月初旬。 
夜半から続いた雨を伴う強い南風。
その時は自分のアプローチが悪くて、もろに真正面からの強風と雨。
撮影なんか考えないで、ちょっと怖いもの見たさで双眼鏡片手に
堤防から荒れ狂った海を見ていました。

すると数百メートルあろうか海面にカワウが数羽浮いていたのです。
しかし、良く見るとその中にちょっとズングリした黒い塊・・・
と同時に風上に去って行ったその翼上面には、ハッキリと白い
フラッシュが輝いていたのです。

残念ながらカメラを持っておらず、証拠も残らずじまいの苦い
経験でした・・・

そして今日。小さな期待を持って18倍の双眼鏡を覗いていると
距離はあるものの右から左へとハシボソミズナギドリ。
アジサシなんかも凄いスピードで流れてゆきます。
c0035296_1823142.jpg
Short-tailed Shearwater (11/May/2016)


なんか期待感が高まってきて、違うミズナギドリなんかも探していた
のですが、そんなに甘くないのです。
風は物凄いのですが、雨が無いので大抵は普通種のハシボソナギなん
ですね。
それでも集中して海に目を向けていると、やはり距離はあるものの強
風の中ゆったりとした羽ばたきで左に流れてゆく鳥を発見。
すぐに、その翼に白く光るものが見えたのです。

数十秒の間でしたが、今度は短いレンズのセットではあるものの、何
とか証拠写真を収める事に・・・
c0035296_18255661.jpg
South Polar Skua (11/May/2016)
今更なんて思う方もおられると思います。時期さえ合えば航路ではそれ
なりに見るチャンスはあるのですから・・・

しかし、ここは湾岸。東京湾なのです。
魚じゃ無いけどそう江戸前なんですよ。江戸前の大盗賊!
c0035296_18273487.jpg
South Polar Skua (11/May/2016)


あーやっとリベンジできた・・・。
[PR]

  by KOICHI_78 | 2016-05-11 18:31 | 海鳥

<< 親子 バンド >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE