天高く

早朝
やはり音の無い雨・・・風もそよ風程度。
こういう感じじゃないんだよなーと思いながら、出陣。
それでも海面をヒラヒラ黒いのを見つけると、少し時めいてしまう。
アナドリなんて散々見てるじゃないか、と自分に言い聞かせるも悲しい性。
また、甘い誘惑のアジサシ類なんかに翻弄されるとメインが駄目になる・・・
あくまでGadfly。6年ぶりのチャンスなのだから。

兎に角ナギドリ類の見える場所を確保。数百メートルなんて海鳥は当たり前。
そもそも良い写真なんて鼻から思ってないが、やはり証拠は欲しい。ひたすら、
ボニンマーク無しを探す・・・

昼過ぎまでは数百メートル沖だが、ほぼ水平に物凄いスピードで大波を切る
Gadflyを観察。
そして、出たー!下面真っ白・・・思わず見入ってしまい撮影できず。
悔しさと後悔が脳を沸騰させる。
でも仕方ない、見つけて数秒で波間から天高く流され、いやうまく風を利用し
て陸を回避し空へと消えてしまうのだから。

刻々と時間が過ぎ、と言っても本番は2時間無かったか・・・
色々と反省点を考えながら、波が少しづつ小さくなり、目印の風車も少し西寄
りになってきた頃、常連のオオナギが戻って来た。
終了の合図。

疲労感と脱力感。姿が見えなくなってしまったもの達への思いと切なさ・・・
恐らくこんな状況は、今夏の太平洋高気圧の位置によっての台風の発生場所と
コース。また8月と言う時期によるこの結果と思うが、毎年こんなんじゃないの
です。少なくともこの6年間はこんな事が無かった。今年は特別。いや異常なの
です。だから色々な思いがこみ上げてくるのです。

しかし、やはり今回も面白いのは天から降ってきたのだ・・・。
c0035296_18363602.jpg
Streaked Shearwater (Aug/2016)
c0035296_18381305.jpg
Bulwer's Petrel (Aug/2016)
c0035296_18400366.jpg
Bonin Petrel (Aug/2016)

見つけてくれた方に感謝! 波間に登場した時の大物感は凄かった。
c0035296_18410819.jpg
Frigatebird sp (Aug/2016)










因みにボニンマーク無しはこんなのです・・・。(追記)

c0035296_08310918.jpg
Stejneger's Petrel (Aug/2009)




[PR]

  by KOICHI_78 | 2016-08-31 18:54 | 海鳥

<< 眼差し Black & Brown >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE