渡り

鷹の渡りを見に少しだけ遠くへ出かけた。

現場に到着すると、眼下に広がる風景はいつもの干潟や田んぼとはチョッと違った
壮大なものだった。
しばらく風景に見とれているとポツリポツリと遠くに北から南へとサシバや他の猛禽類が
単独から数羽、山の稜線に見え隠れしながら消えて行った・・・

期待を込めて双眼鏡を覗くが、時間が経ってゆくだけで秋晴れの青い空には紛らわしい
トビがゆっくり旋回しているのと、飛行機が一直線に視界を横切るだけで何も起こらない。

諦めかけた時サービス心か、若さゆえかハチクマが比較的近くを飛んでくれた。
しかしそれ以降パタリと止まったので、岬を後にした・・・
c0035296_1733348.jpg

c0035296_1734586.jpg
ハチクマ(10/2撮影)


帰る途中もう一つの名物?オオアジサシを見にある海岸に寄った。
目の粗い砂浜に三脚を固定して沖を見ると、2羽だけ杭に止まっていた。
距離はあったが見れないよりマシだ。十数枚付き合ってもらって家路に着いた。
c0035296_1742446.jpg
オオアジサシ(10/2撮影)
[PR]

  by koichi_78 | 2005-10-03 17:04 | ワシ・タカ・フクロウ

<< 迷える冬の使者 昼寝 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE