迷える冬の使者

もう残り少ないであろうシギやチドリを求めて田圃に出かけた。
しかし何処の田圃にも生命感が乏しく、スズメが落穂を拾っているくらいで何も動くものが
いなかった。

やはりもう季節的に目的の鳥達は旅立ってしまったのだろうか・・・
パトロールをしていると、小さな影が僅かに動いた気がしたので車を止め覗くと、トウネンが
数羽いた。そして良く見ると、その中にオジロトウネンも混じっていた。
c0035296_837467.jpg
オジロトウネン(10/8撮影)

しばらく楽しませてもらっていると、突然悲鳴のような鳴き声で皆バラバラに飛び立った。
なんだろうと思ったら若いハヤブサだった。

ハヤブサは大好きな猛禽なのだが、こんな時に現れてしまうと・・・・
少し離れていた蓮田ではサギ達も危険を察知してか、右往左往しながら飛び回っていた。  その中に一羽だけ違うものが入っていて一瞬「カルガモ?」と思ったがすぐに正体がわかった。
c0035296_8384541.jpg
マガン(10/8撮影)

きっと迷ってしまったのであろう冬の使者。こんな所で会えるとは思ってはいなかったので
何か得をしたような感じでフィールドを後にした・・・。
[PR]

  by koichi_78 | 2005-10-09 08:38 | シギ・チドリ・ジシギ

<< 可愛い? 渡り >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE