蒼いフィールド (往路)

あれから丁度一年経過してしまった・・・
例によって船舶2日の大洗・苫小牧とんぼ返りの洋上鳥見、普通の人には考えられない船
の旅を敢行してきた。

まず往路だが、期待を込めて朝3時半に起き薄暗いデッキを望むが、床を見ると船の明か
りを反射していた・・・   確認の為デッキへ出ると、船首の方から煙のごとく霧雨が後へ
と流れて行く・・・
仕方なく船内に戻り、窓越しに段々と明るくなってゆく煙る海上をボーっと暫く眺めていた・・・。
まぁそれでも5時近くには雨はなくなったが、霧のため視界は30、40m位だろうか、よく見
るとミズナギドリの類が飛んでいるのが見れたのでカメラをセットして臨戦態勢に・・・しかし
晴れてきたのは、鳥達が良く出るポイントを越してしまったあたりからだった・・・ 
海上の天気は、陸の天気と違うんですよね。霧が出たら航路の鳥見は諦めです。
それでも一応クロアシアホウドリやコアホウドリ、ハイイロ、ハシボソ、オオミズナギドリ。
ハイイロウミツバメやフルマカモメ、中でも白色型のフルマカモメが見れたのは一つの願い
がクリアーされた。
こうしてあまり良くなかった往路を終えて
数時間限定の北の大地での鳥見を堪能?させてもらった・・・。

c0035296_22391515.jpg
コアホウドリ Laysan Albatross (23 Jun 2007)

c0035296_22404357.jpg
アカアシミズナギドリ(換羽中) Flesh-footed Shearwater (23 Jun 2007)

c0035296_22425332.jpg
フルマカモメ(白色型) Northern Fulmar (23 Jun 2007)

c0035296_22442663.jpg
キタオットセイ Northern fur seal  (23 Jun 2007)

復路へ続く・・・
[PR]

  by koichi_78 | 2007-06-26 22:46 | 海鳥

<< 蒼いフィールド (復路) 北の大地から・・・ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE