アピール

身内にどうしても旅立つ前に白鳥が見たいとせがまれ、とある地方都市郊外に在る白鳥
の来る池に向かった
当然ドライバー兼ガイドという事だったが一応機材は忍ばせてはある。
専属ガイドとは言ったが、現地に着けば当の本人は勝手に先を急ぎハクチョウに見入っ
ている。    
それを見てこれ幸いとこちらも勝手にレンズをカメラにセットし、何か居ないかと双眼鏡を
覗いた。    
暫く歩くと、目の前を サッと小さいのが横切った ふと左の梢に目をやると 明らかにこち
らを見て盛んにシッポいや尾を小刻みに上下させている。    
でも僕は「あっ ジョウビか」と愛想も無く先へ一歩二歩・・・彼女も?諦めず、今度は右
の足元の切り株に移動してその潤んだ瞳をクリクリさせながら盛んに尾を震わせさせ
アピールしてきた。
そこまでされたら、やはり礼儀としてこちらもレンズを向けない訳には行かないので2,3枚
シャッターをきった。   ジャ今度は縦位置で なんてその気になったら、彼女は飛んで
行ってしまった。
どうやらモデル志望ではなくランチを誘っていたんだな・・・と気づくにはチョッと時間がか
かってしまったが、一線を越えなくて良かったなーとまた歩き出した・・・
c0035296_21543077.jpg

ジョウビタキ♀
[PR]

  by KOICHI_78 | 2005-02-11 21:56 | その他

<< 銀のリング プライド >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE