机上で想う海・・・  Vol.1

旅は終わってしまうとその記憶は忘却の彼方へと流れて行ってしまうのだろうか?
あれだけ楽しみにしていた船の旅もそれが現実だったのか、どうも実感がわいてこなかった・・・

港に船が接岸し、タラップを降りた瞬間旅は終わり、無事に帰ってこれた安堵感と疲労感だけで後は自宅へとやけに無口になったその足どりは重い・・・ 
やっぱり相当疲れていたんだろう、4泊5日の行程のうち3日間強トータル約77時間もの間、海の上にいたのだから・・・

しかし、帰ってきてから二日たって、今こうして想いおこすと聞こえてくる。
船が海を静かに切り開く波の音・・・
そして幾重もの波と何色ものブルー・・・
船上での天の川。
空よりも広い海。そして初めて目にする小さな島々・・・

今はその経験した財産を、撮影してきた鳥達と共に深く記憶に刻んでいる・・・。

c0035296_16445951.jpg
c0035296_16451824.jpg
比較的船に近づいてくれる(上2枚)
オナガミズナギドリ(淡色型) Wedge-tailed Shearwater (09/Sep/2007)


c0035296_1649493.jpg
c0035296_1650996.jpg
翼上面に浮かぶM字型の帯もさることながら、翼下面の白と黒のコントラストがとても綺麗だ(上2枚)
シロハラミズナギドリ Bonin Petrel (10/Sep/2007)  


c0035296_1702048.jpg
波間をヒラヒラと消えてゆく
アナドリ Bulwer's Petrel (10/Sep/2007)
 
[PR]

  by koichi_78 | 2007-09-14 16:59 | 海鳥

<< 机上で想う海・・・ Vol.2 いつものコース >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE