カテゴリ:その他の野鳥( 46 )

 

モチーフ

その昔怪獣系ヒーロードラマに出てきた怪獣そのもののと言ったら
気の毒か・・・?
でもこれをモチーフとするには、かなりいい線行っていると思うのだが・・・
しかし、その容姿とは相反しとってもシャイな所を見ていると、なんだか
あの幼少の頃、涙したシーボーズを思い出す・・・。
c0035296_21135386.jpg

c0035296_2114147.jpg
ミフウズラ ♀  Barred Button-quail female (June/2009)
[PR]

  by koichi_78 | 2009-07-03 21:16 | その他の野鳥

GW

この連休は久しぶりに山へ渓魚を求め出かけた・・・
普段は海や海岸、田園が主なフィールドゆえ、とても新鮮だ。
しかし、すれっからしの鱒を相手に気になるのは鳥の声・・・
いつもの相棒の長玉は置いて来たが、300mmは肩からぶら下がっている。
そんなリクエストに応えてくれたのか、若いカワガラスが遊んでくれた・・・

たまには違う角度で鳥を見るのも いいもんだ・・・。
c0035296_18525937.jpg
カワガラス 幼鳥
Brown Dipper juvenile (04/May/2009)
[PR]

  by koichi_78 | 2009-05-07 18:55 | その他の野鳥

タイミング

通い慣れた道だが滅多に遭遇する事は無い。
でも、いかにもって所なのでタイミングで会えなかったのか?
こんな晴れた日に大胆な・・・。
c0035296_18302460.jpg

c0035296_1830561.jpg
c0035296_18312043.jpg
Water Rail (11/Apr/2009)
[PR]

  by koichi_78 | 2009-04-15 18:34 | その他の野鳥

雨上がり・・・

やっぱり雨上がりはこれに限る。
複数顔を出しては、音も立てず尻を向けて振り返る・・・
そんな中、ウブな奴は愛想がいい・・・。
c0035296_21242898.jpg
クイナ 第1回冬羽  Water Rail 1st-winter (10/Jan/2009)
[PR]

  by koichi_78 | 2009-01-12 21:41 | その他の野鳥

Miyake2008

噴火後8年。 島の所々にその痕跡は残るが、やっぱりバードアイランドには沢山の鳥達が待っていた・・・
今回メインの鳥「アカコッコ」も、噂どおり道路でよく見かける。しかし意外に警戒心が強い。
森に入ると、イイジマムシクイの囀りのシャワー、それに負けじとモスケミソサザイの大きな声。
その両者に遠慮がちに時折「ヒン、カラカラカラ~」と綺麗な声はタネコマドリ。
ほとんどを田んぼや干潟、港に通う者にとっては、とても新鮮だ。しかし良い事だけではない。
木からぶら下がるかなりの数の「尺取虫」。この辺が苦手な人はパニクるだろうからご注意を・・・
c0035296_188442.jpg
アカコッコ 成鳥雄 Izu Thrush Adult-male (23/May/2008)

c0035296_18121830.jpg
アカコッコ 成鳥雌? Izu Thrush Adult-female? (23/May/2008)

c0035296_18151777.jpg
カラスバト Japanese Wood Pigeon (22/May/2008)



もちろん探鳥だけではなく、周囲30数キロの道程をレンタカーでゆく事に・・・
その間印象的だったのは、何事も無かったかのように生活感のある地域を抜けた後、立ち枯れした木々に屋根と軸だけになった家屋。その傍らには恐らく動かしては無いであろう、埃の被った自家用車。
未だ島に帰れぬ島民も少なくないようだ。場所によって明暗を明けてしまった噴火の傷跡。運と言ってはそれまでなのかもしれないが、ここら辺は本当に自然災害の恐ろしさを感じさせられる。
c0035296_18185283.jpg
アマツバメ Fork-tailed Swift (23/May/2008)

c0035296_1820508.jpg
亜種シチトウメジロ Japanese White-eye (23/May/2008)

c0035296_1825590.jpg
亜種オーストンヤマガラ Varied Tit (P.v.owstoni) (23/May/2008)

c0035296_18294894.jpg
亜種タネコマドリ Japanese Robin (E.a.tanensis) (23/May/2008)

c0035296_1833795.jpg
亜種モスケミソサザイ Winter Wren (T.t.mosukei) (24/May/2008)



島の時間はゆっくりと流れる・・・  
朝はホトトギスに起こされ、ウチヤマセンニュウを見に行く。十分に堪能した後、鳥達の供宴を楽しみに森へと・・・   腹の虫も騒ぎ出し、もう昼かと時計を見るもまだ朝の9時過ぎ。 
陽の傾きもままならぬ森の中での時の経過・・・「森時間」も手伝ってか昼までは長い・・・
しかし午後は警戒心の強いアカコッコに手こずってしまい、日没まで短く感じた・・・。

勿論変り種にはそうお目にかかれないと思うが、島ならではの希少種達全てをカメラに収めるのは二日ぐらいじゃ結構きつい。だけど、幸い?にして「アカコッコ館」以外で、ウォッチャーやカメラマンと会わなかった事は、理想的な探鳥が楽しめた。
東京から船で約7時間で行ける、異次元空間は海も山も楽しめる野鳥の楽園。

何処にいても聞けたイイジマムシクイの声も、今は記憶の中で響いている・・・。
c0035296_18381578.jpg
ツミ Japanese Sparrowhawk (24/May/2008)

c0035296_18405094.jpg
ウチヤマセンニュウ Styan's Grasshopper Warbler (24/May/2008)

c0035296_18423330.jpg
イイジマムシクイ Iijima's Leaf Warbler (23/May/2008)
[PR]

  by koichi_78 | 2008-05-27 18:44 | その他の野鳥

ドングリ返し

雑木林の地面に散らばる団栗の絨毯。 その上を何かが忙しなくチョコチョコ歩いていた・・・
しかし小動物を思わせたその動きの主は、紛れも無く鳥だった・・・
野生の鳥達には色々な方法の餌の採り方があるが、とりわけこのイワミセキレイのドングリ返しは、一見の価値あり。
ドングリにその細長い嘴を差込み、クルクル回し、同時に尾も左右にフリフリ・・・
恐らく虫の卵か、幼虫を食していると思われるが、まったく器用以外何ものでもない・・・。 
c0035296_1732476.jpg
c0035296_1733748.jpg
c0035296_173561.jpg
イワミセキレイ Forest Wagtail (10/Feb/2008)
[PR]

  by koichi_78 | 2008-02-11 17:19 | その他の野鳥

シャモジ

間近で見るとその形状には本当に驚かされる。
そんな形で大丈夫なのかと思うが、大きめな魚もいとも簡単に探し当てペロリ。
しかし、食べても食べても足りないようで、そのヘラというよりシャモジに似た嘴
を水中につっこみ、盛んに左右に動かし獲物を探している姿は、なかなか他の
鳥には見られない光景だ・・・。
c0035296_10341610.jpg
c0035296_10343570.jpg
ヘラサギ 幼羽 Eurasian Spoonbill juvenile (27/Dec/2007)
[PR]

  by koichi_78 | 2007-12-28 10:40 | その他の野鳥

地味系

僕の中では地味系な鳥としてタヒバリと名のつく類はまさにそれにあてはまる。しかし地味だから嫌いという事ではなく、その地味な中でも異種間の違いが見えた時の嬉しさはなんとも言えない。

マァ普段こちらで見られるタヒバリは極普通のものが殆どだと思われるが、中にはとても珍しい
亜種や別種が紛れているかも知れないので中々手は抜けない種類の鳥でもある・・・
c0035296_10401079.jpg
ムネアカタヒバリ Red-throated Pipit (07/03/05)

c0035296_10422491.jpg
タヒバリ Buff-bellied Pipit (07/03/05)

c0035296_10434941.jpg
マキバタヒバリ Meadow Pipit (07/03/05)
[PR]

  by koichi_78 | 2007-03-25 10:45 | その他の野鳥

記憶

思えば二十数年前、新聞の見出しに新種発見の記事を見つけ鳥見はやってなくとも、生き
物全般に好きなものとしてはかなりセンセーショナルだった・・・
その記憶が残っている今、目の前の現実をなんて表現したら良いか言葉が見つからない。

車中7時間待ち、ポツポツきていた雨も途中ドシャ降りにもなり諦めかけた事もあった・・・
当然一箇所で待っていたのではなく、数箇所をローテーションしていたが気配さえない。
初めて通る道には、その鳥の「飛び出し注意」の看板を多く目にする。内心そんなに居るの
かなとほくそ笑んだものだが、甘かった・・・未だ暗い朝のうちに100メートル以上離れた道
路をほんの一瞬横切ったところを目撃する事一回あとは・・・

やなムードで昼も大きく過ぎた午後2時、雨もすっかり上がりもともと限られた時間の中での
行動なので次の目的へと車を走らせた。乾いてきた道を時速30キロでやっていると藪の切れ目にそれは立っていた。出会いは突然やってきた・・・ 
こうして長時間にわたる待ちぼうけとエコノミー症候群に似た疲労感との引き換えにほんの数分のチャンスをもらえ、十数枚のピンボケ写真と2枚の証拠写真を手に入れる事が出来た・・・

c0035296_9462886.jpg
ヤンバルクイナ Okinawa Rail (07/03/03)
[PR]

  by koichi_78 | 2007-03-12 09:48 | その他の野鳥

暖島

一体今年は、いつまで冬でいつから春になったんだろうか?
今一つ、いや二つ以上寒さが足りなかった為か春という季節を一つ損したような気がする。
それならば春を取り戻しに小いさな旅に出かける事に。マァ普通こういう時は北へ行くのだ
ろうが、到着した南の地は春を過ぎた陽気だった・・・

お約束のギラツク太陽と青い海の出迎えは無く、曇天からは時折パラッと落ちてくる。
それでも最初の目的地へ着くと、雲も切れ始め写真撮影には良い条件となっていた。
しかし、折角南の島へ来たのにレンタカーに乗り込み、いつもの様にコンビニで昼食を買い
込み彼の水田へまっしぐらと言う事をやるのは特殊な趣味の世界だよナァ まったく・・・

c0035296_23223547.jpg
サシバ Grey-facede Buzzard (07/03/02)

c0035296_23243329.jpg
シロガシラ(亜種タイワンシロガシラ) Chinese Bulbul (07/03/02)

c0035296_23261179.jpg
タシギ Common Snipe (07/03/02)

c0035296_23273524.jpg
ムネアカタヒバリ Red-throated Pipit (07/03/02)

c0035296_23284895.jpg
ツメナガセキレイ Yellow Wagteil (07/03/05)

c0035296_23304997.jpg
亜種リュウキュウヒクイナ Ruddy-breasted Crake(P.f.phaeopyga) 07/03/02
[PR]

  by koichi_78 | 2007-03-09 23:38 | その他の野鳥

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE