カテゴリ:ガン・カモ( 24 )

 

惨敗・・・

先週末のカモメ詣では見事惨敗に終わってしまった・・・
カモメの数はとても多かったのだけれど、カナダカモメは見つけられなかった。
きっと、魔法が解けてしまったんだろう・・・
しかし、そんな気持ちをコクガンの出現が少しは癒してくれた・・・。
c0035296_1920229.jpg
c0035296_19203723.jpg
コクガン 幼鳥 Brent Goose (01/Mar/2008)
[PR]

  by koichi_78 | 2008-03-04 19:22 | ガン・カモ

先日のコチョウゲンに継ぎ今回も雌鳥。最近雌についている・・・。
c0035296_19472376.jpg
c0035296_19474328.jpg
トモエガモ雌 Baikal Teal Female (11/Dec/2007)
[PR]

  by koichi_78 | 2007-12-14 19:47 | ガン・カモ

真偽

彼のルーツは彼のみぞ知る。
果たして真偽のほどは・・・

c0035296_225225.jpg
亜種シジュウカラガン?
Canada Goose(B.c.leucopareia)? (06/Dec/2007)
[PR]

  by koichi_78 | 2007-12-07 22:55 | ガン・カモ

戒める

こんな所でこういう事も有るんですね。やはり普段から「ユリカモメかぁ」とか「カルガモかぁ」と言うのを戒めなくてはいけません・・・。
c0035296_22523870.jpg

c0035296_2252537.jpg
亜種ヒメシジュウカラガン Canada Goose(B.c.minima) 07/02/17
[PR]

  by koichi_78 | 2007-02-19 22:56 | ガン・カモ

25時間の旅

少し前から予定を立てていた東北への旅。
金曜日午後9時に目的の地へと車を走らせた・・・

700キロを少し欠く長距離。日付の替わった早朝に無事目的地についた。
西の空にはまだ細い三日月が残っており、ぼんやりと見える風景の中を小さな川が
流れていた。  
そしてその川面には白い姿達が薄っすらと浮かびあがって見えていた・・・
静かに川へ近づくと、まばらな葦越しにその姿が見えた。
姿こそ他のもの達と違いは無いが、顔を見るとすぐに判った。

キラキラと朝日を反射させ、小さな波を作りながら泳ぐ姿はとても優雅に見えた。
その姿を私は朝食もとらず、数時間見入っていた。

一体どのような経緯があってこの地に降りたったのであろうか、それは彼のみぞ知る
が無事元の場所へ帰って貰いたい。
先週のオガワコマドリの喧騒とは打って変わって、こちらは私達数人と温かく見守る
地元の人達と静かな時間が過ぎていた・・・
国内でも数例目と言う貴重な体験をさせてくれた彼に感謝し、この地を後にした・・・

帰りの車の中寝不足と疲労が今日の出会いを遠い記憶へさせようとしていた頃、
やっと出発地へ戻ってきた。  
時計は午後10時を指し、丁度出発してから25時間の短い旅が終了した。

そして遅い目覚めの日曜日、今その余韻に浸っている・・・。
c0035296_16312630.jpg

c0035296_16314116.jpg

c0035296_16321828.jpg
ナキハクチョウ Trumpeter Swan(06/02/25撮影)
[PR]

  by koichi_78 | 2006-02-26 16:32 | ガン・カモ

日没

昨日の出来事。
現場までNAVIで50kmちょっと、日没まで1時間半。数秒悩んだがとりあえず車を走らせた。
下りの高速はすいていたが、午後4時を過ぎた頃現場へ到着。
しかし、人も居ないが、鳥もいない・・・ 太陽が雲に隠れた頃ようやく対面する事が出来た。
そこには想像をはるかに超えた距離に2羽の雁が餌を探し首をたれていた。
暗くなるまで後15分と言う所で何とか無事撮影できた。
ところが帰宅後画像をチェックしたら・・・半分以上ぶれていた。
もう少しカメラの感度を上げていればよかったなー・・・。
c0035296_16362388.jpg

c0035296_16363857.jpg
サカツラガン(01/17撮影)
[PR]

  by koichi_78 | 2006-01-18 16:38 | ガン・カモ

ヒシクイ

よりによってこんな所に出るとは・・・
すぐ近くに高架線だけど電車は通るし、多分夜になっても町の明かりに照らされ
ているだろうし・・・
でも菱食いなのにそこには紛れも無い二番穂(コメ)が沢山ある。それを独り占め
なのだから今しばらく滞在かな・・・
c0035296_19475639.jpg

c0035296_19483360.jpg
c0035296_19484373.jpg
ヒシクイ Bean Goose (Anser fabalis)(12/12撮影)
[PR]

  by koichi_78 | 2005-12-12 19:49 | ガン・カモ

隠れ家

人気blogランキング

渡りのハクチョウ達はもう去ってしまったけど
篭脱けから野生化したコブハクチョウ達は、早いものはもう卵を温めているようだ

昨年の入梅前にある沼に流れる小さな川でその親子を見つけた。
田園の中を流れる小さな川、決して綺麗な川でない。こんな所でひっそりと生きる姿に、
戸惑いながらもなんだかとっても癒された・・・

少しするとその親子が見えなくなり、チョッと心配で辺りを探すと、田圃に茂った草むら
を親の頭だけがスーッと並行に移動しているではないか
奇妙に思い、僕は近くまで見に行った。 するとその小さな川に流れ込む更に小さな、と言
うかU字溝の用水路の中を親子で浮かんでいた。
僕は「こんな隠れ家があったのかー」と驚いた。
親は僕に気づき少し警戒していたが、そんな事とはお構いなしに、子供達はとっても楽し
そうに縦に並んでいた光景は今でも忘れない。
c0035296_1748416.jpg
コブハクチョウ親子
[PR]

  by KOICHI_78 | 2005-03-10 17:49 | ガン・カモ

春霞

人気blogランキング

暦の上でももう春なのに、まだまだ寒い日が続き季節感を見落としてしまう。
しかし春は確実にやってきていた・・・
勿論季節の花や草などもフィールドへ出かけると探す事ができる。
でももっと違うのは、いつもの土手からいつもの沼を見渡すと
ついこの間までは対岸が綺麗に見えていたけど、今は少し霞んでいて、陽炎
も立ち始めている。
風も北から東に時折南へと向きを変えてきている。
冬の間付き合ってくれていた鳥達も徐々に姿を消して行ってしまうだろう。
しばしの別れは少し寂しいが、次の鳥達が次の季節を運んできてくれるのも
待ちどおしい。
c0035296_2385487.jpg

ヨシガモ Falcated Duck ♀・♂
[PR]

  by KOICHI_78 | 2005-03-03 23:09 | ガン・カモ

北へ

人気blogランキング
関東では遅い春一番が季節を塗り変えようとしていた。
勿論彼らはそれを知っていた。 また、それを待っていた・・・
でもその里が名残惜しいのだろうか、彼らは陽が沈みかけても去ろうとはしなかった。

やがて夕陽は西の空へ消えていった。少しばかり柔らかい色を残して・・・
そして東の空にはいつしか月が昇っていた。

彼らはその月を見て、決心したように助走をつけた。
何度も何度も その空を大きく旋回し、おのおのかん高い声を発していた。

そして泣くのをやめた時、月明かりを頼りに北へ向かっていった・・・
c0035296_2383847.jpg

コハクチョウ(アメリカコハクチョウ1羽を含む)
[PR]

  by KOICHI_78 | 2005-02-23 23:09 | ガン・カモ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE