カテゴリ:ガン・カモ( 24 )

 

銀のリング

人気blogランキング
昼時にパンをかじりながらチョッと干潟を覗いた。昨日と打って変わっての晴天だ。
潮の引いた海の沖でキラキラと水平線が光ってる
ハマシギの群れが飛びながら白くなったり黒くなったり反転していた
ふと取り残された潮溜まりを見ると、とても仲の良いオナガガモのペアが居た
「オイオイ いくら今日が2月14日だって言っても昼間から・・・」なんて思ったが
余りにも微笑ましい光景なので一枚撮らせて貰った
自宅に戻りPCでその画像をチェックしたら、どおりで仲が良い訳だ
その二羽の左の足にはお揃いの銀のリングいやバンディング(標識調査用の足輪)
がされていた。
やはり鳥の世界でも今日と言う日は特別な日らしい・・・
c0035296_10513475.jpg

オナガガモ♂・♀
[PR]

  by KOICHI_78 | 2005-02-14 19:12 | ガン・カモ

潜水

限られた時間の中でこいつを撮るのは結構大変だった。
最初は5分もあれば・・・なんてとんでもない
カメラを意識してか餌の為かすぐ潜る。 潜ったら次はどこに出るかがわからない
最初はオスメスのツーショット なんて考えは甘かった
せめて単独で、と思ったけどその他が大勢居てどうにもならない。
もうタイムリミットってとこで何とか撮れた一枚。
c0035296_17215875.jpg

ホオジロガモ♂
[PR]

  by KOICHI_78 | 2005-02-02 17:25 | ガン・カモ

みにくい白鳥の子?

早いもので1月も今日で終わりだ。 野鳥を撮るには良い季節だけど青い季節も待ち遠しい・・・

昨シーズンとある白鳥飛来地でのワンシーン
そいつは突然やって来て十数羽のファミリーに入り込み、なんとか気の優しい幼鳥と仲良く?してもらう事に成功した。
完全に自分は何者であるかを忘れ、時期が来れば白くなるんだと思っていたのだろうか?
見学者達は「どうせ一時的に居るだけで二三日経てばいなくなるさ」と誰もが思っていた。
ところが暮れに合流?してとうとう翌年にはそのファミリーと一緒に旅立ってしまったのだ。

さすがに今シーズンには顔を出さなかったけど
旅の途中で本当の「自分」を探せたのだろう・・・と願うばかりであった。
c0035296_14403088.jpg

マガン幼鳥・コハクチョウ幼鳥
[PR]

  by KOICHI_78 | 2005-01-31 14:40 | ガン・カモ

ミコアイサ

何かいないかと森林公園に出かけた。
機材を担いで森に入るが、気配が無い。 うーんダメかなと思ったが
耳をすますと、微かに音が聞こえてきた。
シロハラ、アオジ、カシラダカ他・・・いつもの鳥達が迎えてくれた。
池によると、カルガモやハシビロの中にやけに目立つ白いのがいたので
撮らせてもらおうとしたが、これが結構警戒心が強く、なかなか思うような
構図で撮らせてくれない。
で、やっと撮れた一枚。
c0035296_20201886.jpg

[PR]

  by KOICHI_78 | 2005-01-19 19:50 | ガン・カモ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE