カテゴリ:その他( 54 )

 

爆弾・・・

時期的にちょっとアレかもしれないと思いつつ、出かけました・・・

結果は思った通りの展開で、数羽の盗賊が上空を舞うだけでしたが、ハイイロヒレアシシギの
数だけはもの凄かったです。
今頃きっと、そこらの水溜りでプカプカやっていると思いますが・・・
c0035296_10285349.jpg
Grey phalarope (03/Apr/2013)

c0035296_1031869.jpg
Pomarine Skua (03/Apr/2013)

しかし、最大瞬間風速40メートルって恐ろしいです。カモメフリーク達にはお馴染みの干潟ポ
イントの裏手にある仮設事務所が・・・。
c0035296_10523274.jpg
 (03/Apr/2013)
[PR]

  by KOICHI_78 | 2013-04-04 10:54 | その他

斑とリング

空を見上げるとモノトーンな斑な世界・・・でも時折その斑から
太陽が見え隠れするという、何ともスリリングなひと時でした。

ピークこそ、すっぽり雲の中でしたが直前に見れたのは、
絶望の中の一筋(環)の希望的な・・・
あの雲の多さからは決して大げさでなく奇跡に近いと言うか・・・

まるで斑な雲が自然のフィルターの役目をしてくれて
かえって幻想的なリングになってくれました。

やっぱり見にきて良かったです・・・。
c0035296_10595156.jpg
The RING (21/May/2012)
[PR]

  by KOICHI_78 | 2012-05-21 11:02 | その他

謹賀新年

 あけましておめでとうございます
  今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます
c0035296_15382514.jpg

[PR]

  by koichi_78 | 2011-01-01 15:38 | その他

外来種

宮古島へ出かけた時に、なんて蝶が多い島なんだろうと思った。勿論蝶だけではなく
様々な生き物達があの小さな島の中に散りばめられていた。
しかし、今回やっと上陸できた母島の森の中は、まるで樹木以外はトラツグミとメグロ
の気配のみ。何か、こう静か過ぎると言うか・・・違和感のある静寂と言うか・・・

こいつだけのせいでは無いと思うが、でも異常に多く見かけたのは事実だ・・・。
c0035296_2056555.jpg
外来種 グリーンアノール Green Anole (15/Sep/2009)
[PR]

  by koichi_78 | 2009-09-24 20:58 | その他

黄金カエル

すっかりトンボ探しに熱を入れる今日この頃だが、これがなかなか見つからない
し、またクソ暑いのなんのって・・・
しかし、こんなのに会うといっぺんに吹き飛んでしまう。
それは木漏れ日を背に受けて輝く黄金のカエル。
何かご利益が有るだろうか・・・。
c0035296_1550391.jpg

c0035296_15505949.jpg
ニホンアマガエル?幼体 (12/Jul/2009)
[PR]

  by koichi_78 | 2009-07-16 15:51 | その他

金色の・・・2

いつだったか新聞か何かに掲載されたのを思い出す。こんなにも綺麗なカメムシがいるのかと・・・
それでは今回の旅で当然その金色のカメムシを探す事になるのだが、これがなかなか
見つからなかった・・・
どこをどお探せばよいのか見当もつかず、森に入れば直ぐ見つかるのでは?との思いもむなしく
見つかる気配も無い。鳥類やトンボ、蝶などはそこそこ見れたのだが・・・

もうタイムリミットも近い頃、ふと寄った森。後で考えたらまるで導かれた様だった・・・
必要以上の蚊の攻撃に、我慢の限界に達し諦めてその場から立ち去ろうとした時、
視界の端に、暗いコントラストの無い緑色の中でかすかに光るものが・・・
それは紛れも無い宝石の様な金色のカメムシだった。

最高の旅のフィナーレを飾ってくれた金色カメムシに感謝・・・。
c0035296_21273377.jpg

ナナホシキンカメムシ (June/2009)
[PR]

  by koichi_78 | 2009-07-10 09:46 | その他

キャンバス

熱い空気を遮断してくれる森の玄関を行くと、パラパラと錯覚の様に舞うチョウ達がいた。
羽を開いた大きさが3センチにも満たないとても小さな蝶。
その蝶達の小さなキャンバスにちりばめられたデザインを見ていると
マクロな世界にイヤでも引きずり込まれてしまうのは私だけだろうか?・・・。
c0035296_21212236.jpg
アマミウラナミシジミ  (June/2009)

c0035296_21225323.jpg
ヤマトシジミ  (June/2009)

c0035296_21245234.jpg
タイワンクロボシシジミ (June/2009)

c0035296_21261586.jpg
クロマダラソテツシジミ (June/2009)
[PR]

  by koichi_78 | 2009-06-29 21:27 | その他

マーキング

渡り鳥、特にシギやチドリを見ていると年に数回は標識調査の為のレッグフラッグなどの
マーキングされた個体と遭遇する。(主に飛行ルートなどの調査の為に装着されている)
その色から何処から来て、何処へ行くのかは言葉にすると容易に受け入れられるが、それ
を地図上で示すとその距離に驚かされる。あんなちっこい(スズメ程)トウネンが東南アジア
はもとより、オーストラリアやニュージーランドから来て、シベリア北部やアラスカ北西部へと
繁殖の為に旅をする。一体どこにそんなエネルギーが潜んでいるのだろうか?

いづれにしても彼らには迷惑な事だと思うが、その課せられた役目を見る側としては
全うさせてあげたい・・・。


c0035296_10563734.jpg
アジサシ Common Tern (17/May/2009)
右脚に付いているオレンジフラッグからオーストラリアのヴィクトリア州で放鳥された個体

c0035296_10565151.jpg
クロアシアホウドリ Black-footed Albatross (16/May/2009)
右脚のカラーリング(青M734)から昨年2008年5月23日に東京都小笠原聟島属島鳥島
にて、雛の時に付けられ放鳥された個体
[PR]

  by koichi_78 | 2009-05-20 11:09 | その他

無題

魚だって間違って食っちゃうんだから、カモメだって食っちゃいます。
せめてフック(針の先)にカエシ(針が掛かったら取れにくくする為の細工)が無ければ
自然に取れる可能性もありますが・・・
c0035296_1826660.jpg
オオセグロカモメ Slaty-backed Gull (20/Oct/2007)
[PR]

  by koichi_78 | 2007-10-21 18:29 | その他

北の大地から・・・

正味5時間の北の大地での鳥見をしてきました。
丁度一年前に来た時に悔しい思いをさせられたエゾセンニュウに会う為の上陸でしたが
今年も声のみと言う結果に終わりました・・・
代わりのシマセンニュウを撮影していた所、私の脇を何かが通り過ぎ 前方20mあまりの所で
こちらを振り返ったのは、なんとキタキツネ。 最初は野良犬かと思いました。
こんな住宅地の脇の空き地に出現するとはさすが「北の大地」と思ったけれども、やはり開発の影響が出ているのでしょうか? 野生動物だって楽して生きて行きたいですよね・・・。

c0035296_22423491.jpg
シマセンニュウ Middendorff's Grasshopper Warbler (23 Jun 2007)

c0035296_224985.jpg
コヨシキリ Black-browed Reed Warbler (23 Jun 2007)

c0035296_222473.jpg
キタキツネ Red fox (V.v.schrencki) (23 Jun 2007)
[PR]

  by koichi_78 | 2007-06-25 22:22 | その他

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE