カテゴリ:その他( 52 )

 

夏の葦原の鳥達

一気に夏がやって来たかのような暑い一日だった。
その暑さを全身で受け入れている葦原の鳥達は、今日も元気に囀っていた・・・
c0035296_17254859.jpg
コヨシキリ
c0035296_1726851.jpg
オオセッカ
c0035296_17263646.jpg
ヨシゴイ(オオヨシゴイだったら良かったのに・・・) 全て6/12撮影
[PR]

  by koichi_78 | 2005-06-13 17:27 | その他

再び山へ・・・

また山の鳥に会いに出かけた。
朝の6時前に現地に着くと曇ってはいるが、雨にはならなかった。
時折日差しがあるかと思うと、10分も経たないうちに霧が音もなく木々の間を
くぐって視界にフィルターをかける。
しかし、天候とは関係なく鳥達は囀っていた・・・
c0035296_17121050.jpg
ミソサザイ(5/28撮影)
c0035296_17125990.jpg
オオルリ(5/28撮影)
c0035296_17132420.jpg
サメビタキ(5/28撮影)
c0035296_17181492.jpg
ノビタキ(5/29撮影)
c0035296_1719375.jpg
ホオアカ(5/29撮影)
c0035296_17193158.jpg
オオジシギ(5/29撮影)
[PR]

  by koichi_78 | 2005-05-30 17:14 | その他

誘われて・・・

お天気の心配をしながら車を走らせていると
森の中から聞いた事のある声がしてきた。チッチッチッで始まる青い鳥だ。
車を脇に寄せ、その声に誘われるように森に入っていった。
足音を消しながら歩くが、時折枯れ枝を踏んでしまい、思わず自身が固まってしまう。
それでも森の中に美声を響かせてくれた。
暫くすると目の前10メートル位の所へ留まってくれて、僕に気づいているのかどうか
解らないが、歌ってくれる。
10分ぐらい聞かせてくれたかな?チョッと声が遠ざかったので僕も森を後にした・・・
c0035296_19215120.jpg

c0035296_2151564.jpg
コルリ 5/22撮影
[PR]

  by koichi_78 | 2005-05-23 19:22 | その他

GW一鳥一会5/3-5/4

c0035296_1715817.jpg
ヤマガラ 5/3撮影

c0035296_17162847.jpg
コサメビタキ 5/3撮影

c0035296_17171131.jpg
センダイムシクイ 5/3撮影

c0035296_1718847.jpg

c0035296_17183497.jpg
キビタキ 5/4撮影

c0035296_17193651.jpg
コルリ♂ 5/4撮影
c0035296_17201894.jpg
コルリ♀ 5/4撮影

c0035296_1721371.jpg
オオルリ♂ 5/4撮影
c0035296_1738932.jpg
オオルリ♀ 5/4撮影

c0035296_1721349.jpg
クロツグミ♂ 5/4撮影
[PR]

  by koichi_78 | 2005-05-06 17:22 | その他

温い風

少し冷たい爽やかな風の中、時折温い風が混じり
これからやって来る季節を思い出させてくれた・・・
汗こそ流れはしなかったけど、強い日差しによって
露出した肌が焼けていく。

足を少し取られながら歩いてゆくと
白い大地の中に溶け込むようにソレは居た。
何を思ってたどり着いたのだろうか?
強い光を背にして、僕は夢中でシャッターをきった・・・
c0035296_1840463.jpg

c0035296_1841953.jpg
コヒバリ(05/04/03撮影)
人気blogランキング
[PR]

  by KOICHI_78 | 2005-04-05 18:43 | その他

たかがムクドリ、されど・・・

昨日ムクドリを撮りに出掛けた。そうあの?ムクドリ。
公園の芝生や道路の緑地帯などで群れで餌捕りをしている。
通常は人からの関心もなく、むしろ糞などの被害で厄介者として見られる事が多い。

しかし、今回はそのムクドリの姿を追った。 通常はどこでも会えるヤツなのに
今日に限って見つからない。
勿論そのムクドリが主役ではなく、その中に南から迷って?紛れ込んでいる関東で
は珍しい○○ムクドリだ。

彼らを少数見つけただけで双眼鏡を覗き、長いレンズを向ける。
鳥をやらない人達からはどんな風に見えたのだろうか?

結局は目当てのあの?ムクドリには会えなかった・・・
こんな事なら普段からいくらムクドリでも目を向けてやれば良かったと
少しだけ反省して家路へとハンドルを握った・・・
c0035296_10123723.jpg

05/03/27撮影 ムクドリ
人気blogランキング
[PR]

  by KOICHI_78 | 2005-03-28 10:09 | その他

旅の途中

人気blogランキング

土曜の朝、車のウィンドウにはまだ細かい雨粒がおちてくる。
余り期待はしてないが、とりあえずそこへ向かった。
現場に着くとまだドンヨリとした雲が立ち込めていたが、雨はあがっていた。
辺りを見回ったが気配も無い。  
東の空の雲が徐々に薄くなって行き、まばらな光が差し込んできた。
もうだめかなと思い引き返そうとした時、逆行の木立の頂上に見た事の無い
シルエットが一瞬見えた。 でも一瞬だった・・・

その瞬間をもう一回と思い、暫く待った。 すると荒れた雑草の道に舞い降りてきた。
そいつは粋な飾りを頭につけて、その長いツルハシのような嘴で夢中に土を突付いていた。
一目で国内の物では無い事が解る姿だった。
きっと旅の途中に寄っただけだとは思うが、
今度来る時はもっと空気の良い所が良いんじゃないか・・・
c0035296_23553220.jpg

c0035296_21562649.jpg

マントを羽織った剣士のようです
c0035296_221166.jpg

ヤツガシラ
[PR]

  by KOICHI_78 | 2005-03-06 23:55 | その他

雨上がりの出会い

週末の雨は嫌だけど・・・こんな日でも出会いはあると思う

ある雨の土曜日、午後から天気が回復すると予報を信じ森へ車で出かけてみた。
まだフロントガラスには、細かい雨粒が集まり視界をぼかす
ダメかなーと思ったけど、少しずつ空が明るくなっきた。

森に着くと、最初は雫の落ちる音しか聞こえなかったけど、次第に鳥の声
に変わってきた。
水溜りを避けながら歩いていると、「ツツピー ツツピー」とその声はだんだ
んこちらへ近づいて来る。
それを聞きながらじっとしていると、目の前の水溜りに一羽が降りてきた。

僕はカメラを構え水浴びのシーンを期待したが、彼女は2歩ぐらいそこに
入ってジッとしていた。
「恥かしいのかな?」と一枚だけ撮らせてもらい、来た道を引き返した・・・

車に戻ると少し前まで見えなかった太陽が森を照らしていた。
僕はきっと彼女は雨に濡れた自分の姿をその水溜りに写しに来ていたの
かなと思いながら
乾いた道を走らせた・・・
c0035296_1111466.jpg

シジュウカラ
人気blogランキング
[PR]

  by KOICHI_78 | 2005-02-19 11:13 | その他

不機嫌

昨年、雨を休んだ梅雨の合間にブナ林へ出かけた事がある 
目当ては赤い鳥を探しに・・・
限られた時の中ではあったが、内心は期待で一杯だった。
足音を隠しながら2時間位彷徨った でも、その声を聞く事はできなかった・・・

そんな訪問者を哀れんだのか、遠くでキビタキが湿った声で癒してくれた。
暫くその声に耳を傾けながら、寝不足と疲れとでブナにもたれかかっていると、
何やら頭に降って来た。  「何だろう?」と上を仰ぐと、木に体を半分以上埋めて
一生懸命に穴を開けている奴が居た。 「コゲラかぁ」と頭に落ちてきた物を
手で払い、例の鳥じゃないけど一枚撮るかとレンズを向けた。しかし一向にやめず
「コンッコンッコンッ」と木屑を落として来る。

暫く待ったがそんなに見れない鳥でもない、もう諦めようと一歩横にずれた時、
パキッと枯れ枝を踏んでしまった。 その音は風も無いのに「サァー」と言う音だけ
が聞こえるブナ林に響いた。
そいつはその音に驚いたのか穴から出てきて不機嫌そうな顔をして少しの間
こちらを見て、すぐにまた穴の中へ戻って行き「コンッコンッコンッ」とやり始めた。
「どうせあの赤い鳥じゃないよ!」と思ったかはわからないが・・・

結局赤い鳥にはあえなかっけど
今でもその時のコゲラは額の中からチョッと不機嫌そうに僕を見ている・・・
c0035296_1043769.jpg

コゲラ
人気blogランキング
[PR]

  by KOICHI_78 | 2005-02-17 10:06 | その他

アピール

身内にどうしても旅立つ前に白鳥が見たいとせがまれ、とある地方都市郊外に在る白鳥
の来る池に向かった
当然ドライバー兼ガイドという事だったが一応機材は忍ばせてはある。
専属ガイドとは言ったが、現地に着けば当の本人は勝手に先を急ぎハクチョウに見入っ
ている。    
それを見てこれ幸いとこちらも勝手にレンズをカメラにセットし、何か居ないかと双眼鏡を
覗いた。    
暫く歩くと、目の前を サッと小さいのが横切った ふと左の梢に目をやると 明らかにこち
らを見て盛んにシッポいや尾を小刻みに上下させている。    
でも僕は「あっ ジョウビか」と愛想も無く先へ一歩二歩・・・彼女も?諦めず、今度は右
の足元の切り株に移動してその潤んだ瞳をクリクリさせながら盛んに尾を震わせさせ
アピールしてきた。
そこまでされたら、やはり礼儀としてこちらもレンズを向けない訳には行かないので2,3枚
シャッターをきった。   ジャ今度は縦位置で なんてその気になったら、彼女は飛んで
行ってしまった。
どうやらモデル志望ではなくランチを誘っていたんだな・・・と気づくにはチョッと時間がか
かってしまったが、一線を越えなくて良かったなーとまた歩き出した・・・
c0035296_21543077.jpg

ジョウビタキ♀
[PR]

  by KOICHI_78 | 2005-02-11 21:56 | その他

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE