カテゴリ:海鳥( 113 )

 

抜けないシャンパン

ある海鳥に出合った時の祝杯の為に、そのベテランバーダーはいつもシャンパンを持参して
船旅に出る・・・。
しかし 今回もそのコルクを抜く事が出来なかった。

いったい何時ごろ購入したものかわからないが、良い感じにビンテージになっていたりして?

できれば来年こそは、そのコルクが宙を舞う瞬間に私も立ち会いたいものです・・・。

c0035296_1543479.jpg
South Polar Skua & Streaked Shearwater (Jul/2014)

c0035296_15461185.jpg
Black-footed Albatross (Jul/2014)

c0035296_1547270.jpg
Fulmar (Jul/2014)

c0035296_15473893.jpg
Japanese Murrelet (Jul/2014)
[PR]

  by KOICHI_78 | 2014-07-11 15:49 | 海鳥

愛しの海鳥

毎年6月、それなりに心ときめく月なのだが・・・
2014年は、私にはイマイチでした。
いろんな事でツキを使っちゃったかな?

魅惑の海鳥はまた来年までお預けになりました。
あー切ない・・・陸と違って海は自力で行けない所が・・・・。
c0035296_21481787.jpg
Bulwer's Petrel(30/Jun/2014)
[PR]

  by KOICHI_78 | 2014-06-30 21:48 | 海鳥

寒暖

寒かったり、暖かかったりで体調管理が大変です。
何だか、あっという間に3月が過ぎて行ってしまいました…。
c0035296_14355646.jpg
Black-necked Grebe (Mar/2014)
[PR]

  by KOICHI_78 | 2014-03-28 14:37 | 海鳥

北の海

先月、1月も半ばになって急きょ決めた北の海での船鳥見。
天候不順など欠航と言う嫌な二文字もよぎりますが、行かなきゃ乗れないのです。
多少?のリスクは仕方がない…。

ま、今回は幸運にも前日までの悪天候から回復し、無事出港できました。ホッ…

ライフジャケットを装着し乗船後、港を出たあたりから色々な妄想と現実との
せめぎ合いが何とも言えない時間帯で、多分出会えるだろう鳥、出てくれるかなぁな鳥、
または、こんなの出ちゃったな鳥などで頭と胸がいっぱいになるのです。
この時間帯が一番ワクドキで楽しいのかな?

まぁ結果は、現実以外はやっぱり妄想に過ぎなかったのですが…
やっぱり海って良いです。

c0035296_22491641.jpg
Common Murre (Feb/2014)
c0035296_22504661.jpg
Thick-billed Murre (Feb/2014)
c0035296_22513264.jpg
Spectacled Guillemot (Feb/2014)
c0035296_22525940.jpg
Pigeon Guillemot (C.c.snowi) (Feb/2014)
c0035296_2257963.jpg
Pigeon Guillemot (C.c.columba?) (Feb/2014)
c0035296_22585335.jpg
Least Auklet (Feb/2014)
[PR]

  by KOICHI_78 | 2014-02-26 22:59 | 海鳥

終了…

時期的にもうナギドリ系は終了ですかね・・・

盗賊も数羽なら、船の方がいいです・・・。

c0035296_1858354.jpg
Arctic Skua Adult-winter (Oct/2013)
[PR]

  by KOICHI_78 | 2013-10-19 18:57 | 海鳥

パブーク

ちょっとそれ過ぎでした・・・

風はそこそこでしたが、雨が降らないと

だいたい駄目ですね・・・。

c0035296_9135720.jpg
Streaked Shearwater (Sep/2013)

c0035296_9154688.jpg
Providence Petrel (Sep/2013)

c0035296_9181193.jpg
Leach's Storm-petrel (Sep/2013)
[PR]

  by KOICHI_78 | 2013-09-27 09:17 | 海鳥

条件

荒れればよいってもんじゃないですし・・・

昨年は確か3~4回のチャレンジでしたが、コシジロ数羽だったような

たとえコースが良くても条件揃わないとダメですね・・・。
c0035296_17114045.jpg
Long-tailed Skua juvenile (Sep/2013)

c0035296_17131139.jpg
Leach's Storm-petrel (Sep/2013)

c0035296_17135976.jpg
Long-tailed Skua Adult-winter (Sep/2013)
[PR]

  by KOICHI_78 | 2013-09-19 17:20 | 海鳥

セレモニー

船での一人旅の場合、いかに集中力が保てるかで見れる鳥たちの
種類や数が違ってくるから恐ろしい…
ましてや、酔い止めの薬なんか飲んだら最後、集中力どころか
睡魔との戦いになります…

だけど、ある海域になるとそれまでの緊張感を一変させてくれる
シーンが待っています。定番のカツオドリの登場です。

勿論彼らのパフォーマンスは、歓迎のセレモニーなんかではなく
単なる船を利用したエサ取り(トビウオ)な訳だけど
なんかホッとする瞬間でもあり、
やっと南の海域に来たなぁーって感じにさせてくれるのです。

でもこんな時こそ、実は珍しいのが沖合に飛んでいたりするので
ほどほどに…。
c0035296_1642954.jpg
c0035296_1644538.jpg
アカアシカツオドリ Red-footed Booby (Jul/2013)

c0035296_1662880.jpg
c0035296_1664117.jpg
カツオドリ Brown Booby カツオドリ  (Jul/2013)
[PR]

  by KOICHI_78 | 2013-07-23 16:08 | 海鳥

バヌアツミズナギ・・・

c0035296_7404076.jpg
Vanuatu Petrel? (Jul/2013)
[PR]

  by KOICHI_78 | 2013-07-17 07:40 | 海鳥

海鳥っていいなぁ!

今回のメインであるツノメドリやエトピリカは前回登場させましたが、
まだまだこの北の海では素晴らしい出会いが待っていました。

5年前に自分のフィールドで見つけた時の感動と喜びが湧き上がっ
てきた、ウミバトです。
ただ、今回出会えたのは前回のものとは別亜種で、まだ詳しい事が
わかってないらしいです。 雨覆の白色が殆ど見られませんね。
c0035296_17405266.jpg
c0035296_1742386.jpg
c0035296_17431827.jpg
ウミバト1st-summer (チシマウミバト/C.c.snowi) Pigeon Guillemot (Jun/2013)

航路上では何回か夏羽を目にしましたが、近い距離での遭遇は今回
初めてです。白黒のコントラストが強烈でした。
c0035296_17544957.jpg
ウミガラス Common Murre (Jul/2013)

いつでも目にできたウトウですが、ゴメン…他の探していた為、あま
り撮影してなかったです・・・
c0035296_17594975.jpg
ウトウ Rhinoceros Auklet (Jul/2013)

こちらは、ウミバト探しの時に一瞬見間違えるケイマフリ。
目の周りの白いマークが、可愛らしい海鳥です。
c0035296_1831676.jpg
c0035296_1835287.jpg
ケイマフリ Spectacled Guillemot (Jul/2013)

五日間の北の大地いや、北の海?の旅も、過ぎてしまうともう遠い昔の事の様に思えてきて
ちょっぴり感傷的になっていたりします・・・

やっぱり海鳥っていいなぁ・・・ さて、次はどこの海へ行こうか・・・。
[PR]

  by KOICHI_78 | 2013-07-15 18:13 | 海鳥

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE