<   2005年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

たかがムクドリ、されど・・・

昨日ムクドリを撮りに出掛けた。そうあの?ムクドリ。
公園の芝生や道路の緑地帯などで群れで餌捕りをしている。
通常は人からの関心もなく、むしろ糞などの被害で厄介者として見られる事が多い。

しかし、今回はそのムクドリの姿を追った。 通常はどこでも会えるヤツなのに
今日に限って見つからない。
勿論そのムクドリが主役ではなく、その中に南から迷って?紛れ込んでいる関東で
は珍しい○○ムクドリだ。

彼らを少数見つけただけで双眼鏡を覗き、長いレンズを向ける。
鳥をやらない人達からはどんな風に見えたのだろうか?

結局は目当てのあの?ムクドリには会えなかった・・・
こんな事なら普段からいくらムクドリでも目を向けてやれば良かったと
少しだけ反省して家路へとハンドルを握った・・・
c0035296_10123723.jpg

05/03/27撮影 ムクドリ
人気blogランキング
[PR]

  by KOICHI_78 | 2005-03-28 10:09 | その他

急降下

青く高い空を見上げ、そこに肉眼でやっと確認できる黒い点。
双眼鏡で覗くとそれが猛禽である事が解ると、なんだかとても得をした気分になる。
でも、そのシルエットの尾の形を見て、本人?には悪いが「トビかー」と語尾が下が
ってしまう時もある。
なんでだろうか?紛れもない猛禽なのに、見慣れている訳でもないのだけど・・・
しかし、今回はチョッと違った。
いつものフィールドでチュウヒが揺ら揺らとヨシ原をやっていると、突然上空で弧を描
いていたヤツが急降下してチョッカイをしだした。
急な展開でいくらかチュウヒも怯んだが、反撃しだした。
でもそれは決して相手を傷つける行為ではなく、何か戯れているかのようだった。

僕は面白いなーと何枚か撮った。
そしてそれを改めて見ると、「トビもなかなかヤルナー」と感心し、猛禽である事が
改めて確認できたように・・・思えた。
c0035296_22103293.jpg

左 トビ、右 チュウヒ (05/03/21撮影)
[PR]

  by KOICHI_78 | 2005-03-23 22:12 | ワシ・タカ・フクロウ

変身

人気blogランキング

目的のヤツを撮りに行くのも楽しいが
そこには何が居るかわからない、というか新顔が居る期待感を持って訪ねるのも
とても刺激的だ。

いつものように農道をゆっくり流して、各ポイントを見て回る。
「コチドリ入ったねー」とか「タゲリだけかー」とかブツブツ言いながら双眼鏡を
首に掛けたまま車を走らせる。 つい忘れて双眼鏡を掛けたままコンビニに入って
しまった時はさすがに恥かしい・・・

そんな事を経て本命ポイントに着くと、今までのとは違うヤツが入っていた。
この瞬間がたまらないのである。
綺麗なオレンジ色の長い脚、お揃いの色の口紅?「ツルシギだ!」と思わず口に出
してしまう。
僕自身シギやチドリ類は地味でまた識別が難しいと思っていた。でも識別は別として
地味というのはとっくに撤回している。
シーズンを通して羽の換わり具合はなんともいえない。冬は確かに地味だけど、これから
夏羽になるととても美しくなるものが多い。

でもこのツルシギは、あくまでも私感だが冬羽の方が品があって貴婦人といった感じだが
夏になると一変して渋谷辺りに居た(チョッと古いかな)ガングロ系に変身してしまうのは
チョッピリ残念である・・・
c0035296_1214257.jpg
c0035296_12144289.jpg
c0035296_1214516.jpg

05/3/21撮影 ツルシギ
[PR]

  by KOICHI_78 | 2005-03-22 12:17 | シギ・チドリ・ジシギ

メインストリート

人気blogランキング

携帯がなった。友人からだ。
たいした用も無いのだが、お互いの近況などをダラダラ話し、ひょんな事から今
何処?と聞かれた。
僕は迷わず田圃と答えた。 友人は「あれ、いつから農業?」と冗談半分で返してきた。
自分としては極々当たり前の事で、ここに居るのも、そろそろシギやチドリ達がやってく
るのでは、と言う期待からパトロールのつもりだった。
でも友人は釣りはやるが鳥はやらないというか、やってない。
驚くのも当たり前か・・・と携帯を切り、ふたたび双眼鏡を覗く。

以前は釣りに行く時ぐらいしか走らなかった農道も、いまでは僕のメインストリート
となっている・・・
c0035296_22191375.jpg

オオハシシギ
[PR]

  by KOICHI_78 | 2005-03-18 22:20 | シギ・チドリ・ジシギ

隠れ家

人気blogランキング

渡りのハクチョウ達はもう去ってしまったけど
篭脱けから野生化したコブハクチョウ達は、早いものはもう卵を温めているようだ

昨年の入梅前にある沼に流れる小さな川でその親子を見つけた。
田園の中を流れる小さな川、決して綺麗な川でない。こんな所でひっそりと生きる姿に、
戸惑いながらもなんだかとっても癒された・・・

少しするとその親子が見えなくなり、チョッと心配で辺りを探すと、田圃に茂った草むら
を親の頭だけがスーッと並行に移動しているではないか
奇妙に思い、僕は近くまで見に行った。 するとその小さな川に流れ込む更に小さな、と言
うかU字溝の用水路の中を親子で浮かんでいた。
僕は「こんな隠れ家があったのかー」と驚いた。
親は僕に気づき少し警戒していたが、そんな事とはお構いなしに、子供達はとっても楽し
そうに縦に並んでいた光景は今でも忘れない。
c0035296_1748416.jpg
コブハクチョウ親子
[PR]

  by KOICHI_78 | 2005-03-10 17:49 | ガン・カモ

旅の途中

人気blogランキング

土曜の朝、車のウィンドウにはまだ細かい雨粒がおちてくる。
余り期待はしてないが、とりあえずそこへ向かった。
現場に着くとまだドンヨリとした雲が立ち込めていたが、雨はあがっていた。
辺りを見回ったが気配も無い。  
東の空の雲が徐々に薄くなって行き、まばらな光が差し込んできた。
もうだめかなと思い引き返そうとした時、逆行の木立の頂上に見た事の無い
シルエットが一瞬見えた。 でも一瞬だった・・・

その瞬間をもう一回と思い、暫く待った。 すると荒れた雑草の道に舞い降りてきた。
そいつは粋な飾りを頭につけて、その長いツルハシのような嘴で夢中に土を突付いていた。
一目で国内の物では無い事が解る姿だった。
きっと旅の途中に寄っただけだとは思うが、
今度来る時はもっと空気の良い所が良いんじゃないか・・・
c0035296_23553220.jpg

c0035296_21562649.jpg

マントを羽織った剣士のようです
c0035296_221166.jpg

ヤツガシラ
[PR]

  by KOICHI_78 | 2005-03-06 23:55 | その他

春霞

人気blogランキング

暦の上でももう春なのに、まだまだ寒い日が続き季節感を見落としてしまう。
しかし春は確実にやってきていた・・・
勿論季節の花や草などもフィールドへ出かけると探す事ができる。
でももっと違うのは、いつもの土手からいつもの沼を見渡すと
ついこの間までは対岸が綺麗に見えていたけど、今は少し霞んでいて、陽炎
も立ち始めている。
風も北から東に時折南へと向きを変えてきている。
冬の間付き合ってくれていた鳥達も徐々に姿を消して行ってしまうだろう。
しばしの別れは少し寂しいが、次の鳥達が次の季節を運んできてくれるのも
待ちどおしい。
c0035296_2385487.jpg

ヨシガモ Falcated Duck ♀・♂
[PR]

  by KOICHI_78 | 2005-03-03 23:09 | ガン・カモ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE