<   2005年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

小さな漁港

当てもなく、海辺を彷徨っていたら
小さな漁港にたどり着いた。
外海の表情とは違い、波など立つ気配も無いプールのようだ。
その中を少し控えめに泳ぐ一羽の海鳥が居た。
人を怖がらないのか、又は餌を探すのに夢中なのか、
一応カメラ目線をくれたが、こちらの事など眼中にないようだった。

漁の結果はどうだったのだろうか?
小さな漁船は既に陸に上げられ、少し寂れたこんな小さな漁港
の中に、こんな訪問者一羽いるだけでも
一輪の花のように雰囲気のある光景に思えるのは
僕だけではないだろう・・・
c0035296_2210187.jpg
アビ(4/23撮影)
[PR]

  by koichi_78 | 2005-04-24 22:11 | 海鳥

オオメダイチドリ夏羽

まだ近くの干潟に滞在中との事で
時間を作って出掛けてみた。
晴れているのに雨が降っているという変な天気のなか
暫くというかかなり待って、やっと仲間が見つけてくれた。
逆光なのであんまり光の加減は良くないけど・・・
これで何とか決着をつけられた。 かな?
c0035296_2137512.jpg

c0035296_21385077.jpg
オオメダイチドリ夏羽
人気blogランキング
[PR]

  by koichi_78 | 2005-04-22 21:40 | シギ・チドリ・ジシギ

不在・・・

朝用事を済ませ、昨日のリベンジと今日も干潟へ行った。
しかし、人の数とシギチの数はソコソコなんだけど
やはり本命のオオメダイチドリは不在だった。
ヤッパリ抜けちゃったのかなー

今日も目の前に広がっている潮の引いた干潟と、爽やかな青い空
を満喫した。
フト後ろを見ると、さっきまでスコープや双眼鏡を持って歩いていた
人達の姿も見当たらず急に寂しくなり、僕も諦めて
カメラの電源を落とした・・・
c0035296_22361910.jpg
コチドリ
c0035296_223741.jpg
オオソリハシシギ(夏羽)


追記
画像が今一だったので、貼るのをためらっていたんだけど・・・
証拠としてヤッパリ貼っておこう。
c0035296_16585520.jpg
オオメダイチドリ夏羽(4/15撮影)
[PR]

  by KOICHI_78 | 2005-04-17 22:40 | シギ・チドリ・ジシギ

待ちぼうけ

今日は近所の干潟へ出掛けた。
チョッと風が強いが、またまた今週も天気予報が外れ良く晴れてくれた。
目当てはオオメダイチドリの夏羽だ。

潮は引いてきてそろそろかなと思っていたが、なかなか出ない。
初めはサッと撮って早めに切り上げようと思ったが、甘かった。
待ちぼうけで、結局午後5時までいたが、現れず・・・
いろんな人の楽しい話を聞いて一日が終わった。

たまにはこんな日もあります・・・
c0035296_19212172.jpg
チュウシャクシギ
c0035296_19214668.jpg
ホウロクシギ
人気blogランキング
[PR]

  by KOICHI_78 | 2005-04-16 19:23 | シギ・チドリ・ジシギ

この瞬間

朝、車の中で目を覚ますと窓の外が暗い。
外へ出てみると、朝日どころか雲が低く今にも泣き出しそうな空。
昨日とは打って変わっての天候に、少し疲れを感じながらフィールドへ
と歩いた。
目当てはまだだが、しばし仲間と談笑していると、誰かが「入った!」と
小さく声を発した。
少し遅い登場のアボセットだった。
すると今まで生命感の乏しい休耕田に、命が注ぎ込まれたかのように
光景が一変する。
この瞬間がたまらないと思うのは勿論ここに居る僕らだけだけど
普通の人から見ればなんて事無い出来事に感動できるのは、
ヤッパ得ですよね・・・
c0035296_22404954.jpg
アボセット(4/10撮影)
c0035296_2242059.jpg
オオハム(4/9撮影)
c0035296_22425185.jpg
セイタカシギ(4/10撮影)
[PR]

  by KOICHI_78 | 2005-04-10 22:44 | シギ・チドリ・ジシギ

温い風

少し冷たい爽やかな風の中、時折温い風が混じり
これからやって来る季節を思い出させてくれた・・・
汗こそ流れはしなかったけど、強い日差しによって
露出した肌が焼けていく。

足を少し取られながら歩いてゆくと
白い大地の中に溶け込むようにソレは居た。
何を思ってたどり着いたのだろうか?
強い光を背にして、僕は夢中でシャッターをきった・・・
c0035296_1840463.jpg

c0035296_1841953.jpg
コヒバリ(05/04/03撮影)
人気blogランキング
[PR]

  by KOICHI_78 | 2005-04-05 18:43 | その他

アボセット

昨日の天気予報では曇り後・・・だったけど
フィールドで夜明けを迎えると、空は青くなってゆき、太陽も昇ってきた。
良いほうに外れる分には大いに結構だ。

そんなスッキリとした朝の中を鳥達はいつものように羽ばたいていた。
そして、葦を掻き分けると、その静かな水田の中を
一羽の鳥が少しだけ忙しなく朝食をとっていた。
その特異な形状の嘴を器用につかっていたのはアボセットだった。

まだ冬の色を残した葦たちと、時折昇ってきた陽の光を受け、白く輝く
アボセットのミスマッチがヤケに艶かしく思えながら、僕は見惚れていた・・・
c0035296_22483450.jpg
c0035296_22485798.jpg
ソリハシセイタカシギ(アボセット)
[PR]

  by KOICHI_78 | 2005-04-03 22:50 | シギ・チドリ・ジシギ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE