<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

北へ

冬の使者達を求め北へ車を走らせた。
途中寄り道もあったが、無事雁達の聖地へ到着した。
初めての地だが何故だか懐かしい。 しかし稲の刈り取られた田園にはむき出しになった
土と同色な無数のマガン達がひしめき合っているのは初めての体験だ。
また、夕陽に落ちる雁の姿は想像を絶する迫力だった。思わずその光景に見入ってしまい
シャッターを切る事すら忘れさせられてしまった・・・

翌朝目を覚ますと深い霧がたちこめていた。 簡単に朝食を済ませ声だけを頼りに静かに
農道を行くと、フィルターのかかった視界の奥にぼんやりと鳥達の姿が浮かんでくる。
本当は朝焼けの飛び立ちを期待したのだが、仕方が無い。この次の機会にとっておこう。

昼頃には視界も晴れポカポカ陽気になり、距離はあったがカリガネも見れ、期待も少なか
ったハクガンにも出会え幸せな鳥見旅を終え帰路へとついた・・・。
c0035296_23142100.jpg
ハヤブサ Peregrine Falcon (06/10/29) 

c0035296_2335796.jpg
カケス Eurasian Jay (06/10/29)

c0035296_2352565.jpg

c0035296_2353775.jpg

c0035296_23548100.jpg
ハクガン
Snow Goose (06/10/29)
[PR]

  by koichi_78 | 2006-10-30 23:07 | その他の野鳥

空飛ぶニンジン

乾いた秋の陽射しを反射させている為か、そのモノクロームな体は以外に見つけにくい。
しかし、その白と黒とに強烈にアピールするオレンジ色の嘴は違った。
その色からか鳥をやる人達はそれを愛称でニンジンなんて呼ぶ人もいる。

浜ではウミネコに混じっている事もあるが、それに気づかず近づいてしまうと警戒心の
強いミヤコドリ達だけが一斉に飛び立ってしまう。 その姿を追うと綺麗にはばたく白と黒の
先にはまさしく「ニンジン?」がついているかのようだ・・・
一体どんな経緯の進化のもと、あの様な色の嘴を付けたのだろうか?

それにしてもこの日のミヤコドリはとても愛想が良かった・・・。
c0035296_10245036.jpg
ミヤコドリ 成鳥 Eurasian Oystercatcher Adult (2006/10/14)
c0035296_10262755.jpg
ミヤコドリ 成鳥 Eurasian Oystercatcher Adult (2006/10/14)
c0035296_10264514.jpg
ミヤコドリ 成鳥 Eurasian Oystercatcher Adult (2006/10/14)
c0035296_1027049.jpg
ミヤコドリ 幼羽 Eurasian Oystercatcher Juvenile (2006/10/14)
[PR]

  by koichi_78 | 2006-10-17 10:28 | シギ・チドリ・ジシギ

黒いミユビシギ

先週の10月6日に起きた茨城沖の貨物船座礁事故が気になりフィールドに出かけてみた。
浜は台風並みの低気圧の力でその形を変え、大量のゴミが打ち上げられていた。
そんな中いつも僕を癒してくれているシギやチドリ達が気になり探してみる事に・・・
海岸線を歩くと波打ち際に幾筋もの薄茶色のラインができていた。
その漂着物の臭いを嗅ぐとツーンとした臭いがした。多分オイルの様だが、事故を起した
貨物船からの物なのだろうか?

ラインをたどって少し行くとミユビシギの群れが盛んに餌を採っていた。少しホッとしたが、
それもつかの間 群れの中に黒というか茶褐色の奴がいた。双眼鏡を覗くとそれもミユビシ
ギだった・・・
話にには聞いていたが、やはり被害が出たのだろうか、しかし幸いに他の鳥達と同様に元
気に餌を採り、またはばたいていた。 ただし今後の経過はとても心配だ。

不思議なのは日川海岸から波崎海岸(海水浴場)の約3.5キロの間で約250羽のミユビシ
ギが数えられた中、全身油まみれなのが2個体、尻のみが2個体、胸に少しだけ付着して
いたのが1個体、計5個体だけだった。 
何故250羽の中の5羽だけなのか?  またミユビシギの群れに混じって一緒に行動して
いるハマシギやトウネンなど他の種には被害が出ていないのは不幸中の幸いかもしれ
ない。(海岸を通しで観察したのではないので誤差はある物とします。)

いずれにしても3.5キロの海岸線に出来た茶褐色のラインはどうなるのだろうか?時間と自
然が解決してくれるのだろうか? 
波打ち際で一生懸命水浴びをしている黒いミユビシギの姿が忘れられない・・・。
2006年10月14日(土)


最後にこの事故で犠牲になった乗組員の方々のご冥福をお祈りいたします。またいまだ行
方不明の方々の無事をお祈り申上げます。

c0035296_1049185.jpg
油の被害にあったミユビシギ Sanderling (2006/10/14撮影)
c0035296_10534897.jpg
左 油の被害にあったミユビシギ  右 正常なミユビシギ Sanderling (2006/10/14撮影)
c0035296_10543487.jpg
中央に油の被害にあったミユビシギ  他正常なミユビシギ Sanderling (2006/10/14撮影)
c0035296_10545328.jpg
油の被害にあったミユビシギ  Sanderling (2006/10/14撮影)
c0035296_10552294.jpg
薄茶色のライン (2006/10/14撮影)
c0035296_10562665.jpg
薄茶色のライン (2006/10/14撮影)
c0035296_8351368.jpg
漂着物と油の被害にあったミユビシギ Sanderling (2006/10/14撮影)


 
[PR]

  by koichi_78 | 2006-10-15 10:56 | その他

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE