<   2007年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

蒼いフィールド (復路)

霧との戦いで決して良くなかった往路だっが、マァ相手が自然なので仕方がない、こちらは
あくまで受身なのだから・・・
しかし復路の早朝は水平線から陽が立ち昇っていた。
無言でデッキより洋上を望むと、太陽の角度と同時に海面の色もどんどん変化してゆく・・・
 
思えば、最初は海の鳥達を見て単純にライフリストと言うものを稼ぐと言う事だったが
繁殖以外に殆んどこの大海原で生涯を過ごす彼らの潔さに感動する事を覚え、極めて人間
的な考えから見て、彼らは何を思い海をさ迷い旅をしているのだろうか?と思う様に・・・
陽の出を見て、また陽の入りを見て・・・時に星を見て、時に月を見る・・・
何処までも続く海原は、蒼く輝く時もあれば、鉛のごとく淀む事も・・・
さえぎる物もなく雨に打たれ、風にさらされ・・・しかし彼らは生きて行く。
彼らに会いたくとも簡単に会えない歯がゆさ、だが会えた時の喜びは計り知れない・・・
こうして海鳥達への魅力にとり付かれてゆき
いつしか陸から海を見ていると、そこに彼らの姿がなくとも飛ぶ姿を想像するようになっていた。


c0035296_2335291.jpg
 
c0035296_23364713.jpg

珍しく船と並翔するコアホウドリ Laysan Albatross (24 Jun 2007)


c0035296_2340188.jpg

英国BBC放送でしか見た事のないようなシーンが今まさに目前で展開している。感動した・・・
オオトウゾクカモメ(左)がこの海域では珍しいカツオドリ(右)を襲う
Left:South Polar Skua, Light:Brown Booby (24 Jun 2007)


c0035296_23463411.jpg
殆んどの鳥は、迫り来るその船の大きさにおののき飛び立つが、たまには呑気な鳥もいる
ハイイロミズナギドリ Sooty Shearwater (24 Jun02007)

c0035296_23592527.jpg
上がのんびりした奴・・・
クロアシアホウドリ Black-footed Albatross (24 Jun 2007)

c0035296_23514960.jpg

デッキに立つこと13時間分の十数秒。
青いオーロラの様にうねる幻想的な海面を捕らえたフルマカモメ Northern Fulmar (24 Jun 2007)

復路はマァマァだった船の旅。ただ、昨年は会えたただのアホウドリに会えなかったのが心
残りだった・・・。

Sea you again
[PR]

  by koichi_78 | 2007-06-27 23:57 | 海鳥

蒼いフィールド (往路)

あれから丁度一年経過してしまった・・・
例によって船舶2日の大洗・苫小牧とんぼ返りの洋上鳥見、普通の人には考えられない船
の旅を敢行してきた。

まず往路だが、期待を込めて朝3時半に起き薄暗いデッキを望むが、床を見ると船の明か
りを反射していた・・・   確認の為デッキへ出ると、船首の方から煙のごとく霧雨が後へ
と流れて行く・・・
仕方なく船内に戻り、窓越しに段々と明るくなってゆく煙る海上をボーっと暫く眺めていた・・・。
まぁそれでも5時近くには雨はなくなったが、霧のため視界は30、40m位だろうか、よく見
るとミズナギドリの類が飛んでいるのが見れたのでカメラをセットして臨戦態勢に・・・しかし
晴れてきたのは、鳥達が良く出るポイントを越してしまったあたりからだった・・・ 
海上の天気は、陸の天気と違うんですよね。霧が出たら航路の鳥見は諦めです。
それでも一応クロアシアホウドリやコアホウドリ、ハイイロ、ハシボソ、オオミズナギドリ。
ハイイロウミツバメやフルマカモメ、中でも白色型のフルマカモメが見れたのは一つの願い
がクリアーされた。
こうしてあまり良くなかった往路を終えて
数時間限定の北の大地での鳥見を堪能?させてもらった・・・。

c0035296_22391515.jpg
コアホウドリ Laysan Albatross (23 Jun 2007)

c0035296_22404357.jpg
アカアシミズナギドリ(換羽中) Flesh-footed Shearwater (23 Jun 2007)

c0035296_22425332.jpg
フルマカモメ(白色型) Northern Fulmar (23 Jun 2007)

c0035296_22442663.jpg
キタオットセイ Northern fur seal  (23 Jun 2007)

復路へ続く・・・
[PR]

  by koichi_78 | 2007-06-26 22:46 | 海鳥

北の大地から・・・

正味5時間の北の大地での鳥見をしてきました。
丁度一年前に来た時に悔しい思いをさせられたエゾセンニュウに会う為の上陸でしたが
今年も声のみと言う結果に終わりました・・・
代わりのシマセンニュウを撮影していた所、私の脇を何かが通り過ぎ 前方20mあまりの所で
こちらを振り返ったのは、なんとキタキツネ。 最初は野良犬かと思いました。
こんな住宅地の脇の空き地に出現するとはさすが「北の大地」と思ったけれども、やはり開発の影響が出ているのでしょうか? 野生動物だって楽して生きて行きたいですよね・・・。

c0035296_22423491.jpg
シマセンニュウ Middendorff's Grasshopper Warbler (23 Jun 2007)

c0035296_224985.jpg
コヨシキリ Black-browed Reed Warbler (23 Jun 2007)

c0035296_222473.jpg
キタキツネ Red fox (V.v.schrencki) (23 Jun 2007)
[PR]

  by koichi_78 | 2007-06-25 22:22 | その他

炎天下

先週のセグロアジサシは結局数時間だけの滞在で、次の日はもう旅立っており
今、目の前に広がる海岸にはアジサシ数十羽とコアジサシ達だけであの黒いヤツの姿が
見れないのはなんとも寂しい限り・・・
でもアジサシだって今年は不調なので、それなりに彼らの行動を見ているだけでも楽しい
時間だ。
ただ晴れた日の海岸アジサシウォッチングは炎天下にさらされるのと、時折吹く砂嵐対策を
していないと、体も高価な機材も痛んでしまうのでそれなりに覚悟してお出かけを・・・。

c0035296_1826591.jpg
アジサシ Common Tern (16 Jun 2007)
[PR]

  by koichi_78 | 2007-06-18 18:29 | カモメ・アジサシ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE