<   2008年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

オジロトウネン

未だシーズンには早いのか?田圃を回るも閑散としており・・・
やっぱり干潟かなと思うも潮干狩りが・・・それじゃ砂浜かと行けど、この時期から
沸いてくる?サーファーが・・・。
c0035296_932137.jpg

c0035296_9321756.jpg
オジロトウネン 成鳥 (冬羽から夏羽へと換羽中)  
Temminck's Stint Adult moulting to summer  (26/Apr/2008)
[PR]

  by koichi_78 | 2008-04-30 09:35 | シギ・チドリ・ジシギ

トウゾクカモメ

外洋ではちらほら目撃されるも、陸に上がるのはそうとう海が荒れた時だろうか・・・
それでも怪我でもしていなければ、すぐに陸から姿を消してしまうのだけど
そこに何時から居たのかは知りえないが、数羽のウミネコを襲っては失敗し、
ふと我を思い出したように、大海原へと消えていった・・・。
c0035296_9485592.jpg
c0035296_9491452.jpg
トウゾクカモメ 夏羽に換羽中の成鳥  Pomarine Skua Adult-summer (April/2008)
[PR]

  by koichi_78 | 2008-04-28 09:55 | 海鳥

紅一点

水溜りには風の置き土産か、多くのハイイロヒレアシシギ達が水面に浮かんでいる小さな虫を
忙しなくついばんでいた。
それらは未だモノトーンな冬の装いが多い中、一羽だけほぼ夏羽となった雌が混じっていた。
その紅一点は意外に気が強く、他の鳥が自分のテリトリーに入りようなものなら、すぐに他所へ
追い払い、餌を採り続ける。これくらいじゃなければ野性では子孫を残してはいけない・・・

大抵の鳥は、その雌が飛び出すと同時に尻尾を巻いて逃げ出すが、中には怖さ知らずの
チャレンジャーがいた。 
十数秒の間くんずほぐれつの後、やはり勝利をものにしたのは元の主だった。あー怖っ・・・

しかしその気の強いレディのまとった赤錆色は、とっても美しかった・・・。
c0035296_19494614.jpg
c0035296_19501745.jpg
c0035296_19503235.jpg
c0035296_19505244.jpg
c0035296_19511120.jpg
c0035296_19515040.jpg
c0035296_2003213.jpg
ハイイロヒレアシシギ 雌 ほぼ夏羽  Grey Phalarope Breeding Female (22/Apr/2008)
[PR]

  by koichi_78 | 2008-04-23 19:55 | シギ・チドリ・ジシギ

ミツユビ祭り

荒れる週末は、なんだかソワソワしてくる。でも中々その期待には応えてはくれない
煮えたぎったように揺れる港内の波間には、まだ夏羽には少し時間のかかるハイイロヒレアシが飛ぶ。
また、陸ではカモメ達が強い風を避けて群れを成して耐えている。その群れを端から見ていくと
普段は外洋性であるミツユビカモメも流石にこの強風の中、羽を休めていた・・・
その姿は冬羽でも可愛らしいが、夏羽となるとそのツルッとした白い頭に、つぶらな瞳がたまらない・・・
しかし、100羽弱いるミツユビカモメの中には、残念ながら赤い脚の子は見つからなかった・・・。
c0035296_9183314.jpg
c0035296_9185647.jpg
ミツユビカモメ 成鳥夏羽 Black-legged Kittiwake adult summer  (19/Apr/2008)

c0035296_92211100.jpg
ミツユビカモメ 成鳥冬羽 Black-legged Kittiwake adult-winter (19/Apr/2008)

c0035296_9202917.jpg
c0035296_9205548.jpg
ミツユビカモメ 第1回冬羽 Black-legged Kittiwake 1st- winter (19/Apr/2008)

c0035296_923472.jpg
c0035296_924599.jpg
ミツユビカモメ 第1回冬羽 Black-legged Kittiwake 1st- winter (19/Apr/2008)

c0035296_9251486.jpg
シロカモメ 成鳥夏羽 Glaucous Gull Adult-summer (19/Apr/2008)
[PR]

  by koichi_78 | 2008-04-20 09:27 | カモメ・アジサシ

貸し切り

雨も上がった事だし、少しの間干潟をまわって来た。
とりあえず貝拾いの人達もいなく貸し切り状態だけど、鳥達も自由に西へ東へと・・・
人がいればいるで何だけれど、いなけりゃいないで何でした・・・。
c0035296_22263286.jpg
オオソリハシシギ Bar-tailed Gotwit (14/Apr/2008)
c0035296_2230562.jpg
ムナグロ(手前 ハマシギ) Pacific Golden Plover (14/Apr/2008)
c0035296_22332119.jpg
ミヤコドリ(手前 ハマシギ) Eurasian Oystercatcher (14/Apr/2008)
c0035296_22353649.jpg
ダイシャクシギ Eurasian Curlew (14/Apr/2008)

しかし、今年はやってこないのか鬼さんは・・・
 
[PR]

  by koichi_78 | 2008-04-14 22:37 | シギ・チドリ・ジシギ

まだ・・・

港ではセグロイワシの水揚げがあり、まだ結構な数のカモメ達が賑わっていました。
まだ変なの?が出る可能性ありかなぁ・・・。

c0035296_18271288.jpg
シロカモメ 第3回冬羽 Glacous Gull 3rd-winter (05/Apr/2008)

c0035296_1830227.jpg
オオセグロカモメ 第1回冬羽→夏羽  Slaty-backed Gull 1st-winter→summer
[PR]

  by koichi_78 | 2008-04-09 18:33 | カモメ・アジサシ

スナメリ

海岸や漁港内を探索する楽しみは鳥だけに限らない。
海面に双眼鏡を向けていると、突然ヌメッと何やら物体が・・・
ほんの一瞬だけ、濁ったピンク色の背中を出す正体はスナメリだった。
今回は魚を捕食する為、珍しく噴気孔(鼻の穴)も見せてくれたが、その愛らしい
つぶらな瞳までは撮影できなかった・・・。
c0035296_14425757.jpg
スナメリ Finless Porpoise (05/Apr/2008)
[PR]

  by koichi_78 | 2008-04-08 14:46 | イルカ・クジラ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE