<   2008年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

Miyake2008

噴火後8年。 島の所々にその痕跡は残るが、やっぱりバードアイランドには沢山の鳥達が待っていた・・・
今回メインの鳥「アカコッコ」も、噂どおり道路でよく見かける。しかし意外に警戒心が強い。
森に入ると、イイジマムシクイの囀りのシャワー、それに負けじとモスケミソサザイの大きな声。
その両者に遠慮がちに時折「ヒン、カラカラカラ~」と綺麗な声はタネコマドリ。
ほとんどを田んぼや干潟、港に通う者にとっては、とても新鮮だ。しかし良い事だけではない。
木からぶら下がるかなりの数の「尺取虫」。この辺が苦手な人はパニクるだろうからご注意を・・・
c0035296_188442.jpg
アカコッコ 成鳥雄 Izu Thrush Adult-male (23/May/2008)

c0035296_18121830.jpg
アカコッコ 成鳥雌? Izu Thrush Adult-female? (23/May/2008)

c0035296_18151777.jpg
カラスバト Japanese Wood Pigeon (22/May/2008)



もちろん探鳥だけではなく、周囲30数キロの道程をレンタカーでゆく事に・・・
その間印象的だったのは、何事も無かったかのように生活感のある地域を抜けた後、立ち枯れした木々に屋根と軸だけになった家屋。その傍らには恐らく動かしては無いであろう、埃の被った自家用車。
未だ島に帰れぬ島民も少なくないようだ。場所によって明暗を明けてしまった噴火の傷跡。運と言ってはそれまでなのかもしれないが、ここら辺は本当に自然災害の恐ろしさを感じさせられる。
c0035296_18185283.jpg
アマツバメ Fork-tailed Swift (23/May/2008)

c0035296_1820508.jpg
亜種シチトウメジロ Japanese White-eye (23/May/2008)

c0035296_1825590.jpg
亜種オーストンヤマガラ Varied Tit (P.v.owstoni) (23/May/2008)

c0035296_18294894.jpg
亜種タネコマドリ Japanese Robin (E.a.tanensis) (23/May/2008)

c0035296_1833795.jpg
亜種モスケミソサザイ Winter Wren (T.t.mosukei) (24/May/2008)



島の時間はゆっくりと流れる・・・  
朝はホトトギスに起こされ、ウチヤマセンニュウを見に行く。十分に堪能した後、鳥達の供宴を楽しみに森へと・・・   腹の虫も騒ぎ出し、もう昼かと時計を見るもまだ朝の9時過ぎ。 
陽の傾きもままならぬ森の中での時の経過・・・「森時間」も手伝ってか昼までは長い・・・
しかし午後は警戒心の強いアカコッコに手こずってしまい、日没まで短く感じた・・・。

勿論変り種にはそうお目にかかれないと思うが、島ならではの希少種達全てをカメラに収めるのは二日ぐらいじゃ結構きつい。だけど、幸い?にして「アカコッコ館」以外で、ウォッチャーやカメラマンと会わなかった事は、理想的な探鳥が楽しめた。
東京から船で約7時間で行ける、異次元空間は海も山も楽しめる野鳥の楽園。

何処にいても聞けたイイジマムシクイの声も、今は記憶の中で響いている・・・。
c0035296_18381578.jpg
ツミ Japanese Sparrowhawk (24/May/2008)

c0035296_18405094.jpg
ウチヤマセンニュウ Styan's Grasshopper Warbler (24/May/2008)

c0035296_18423330.jpg
イイジマムシクイ Iijima's Leaf Warbler (23/May/2008)
[PR]

  by koichi_78 | 2008-05-27 18:44 | その他の野鳥

一度で二度・・・

いわゆるバードアイランドに行く為に、少しだけ遠回りをして航路探鳥も楽しんできた。
島では山の鳥を、海ではもちろん海鳥を・・・一度で二度美味しい探鳥の旅。
これをやらずして何とする、マイフィールドとはまた違った時間を過ごす事ができた・・・。
c0035296_22162045.jpg
オオミズナギドリ Streaked Shearwater (22/May/2008)
c0035296_22174928.jpg
オーストンウミツバメ Sooty Storm-petrel (22/May/2008)
c0035296_2219476.jpg
ハンドウイルカ Bottlenose Dolphin (22/May/2008)
c0035296_22203175.jpg
コアホウドリ Laysan Albatross (22/May/2008)
c0035296_22213571.jpg
ハイイロミズナギドリ Sooty Shearwater (24/May/2008)

この他にも航路では、クロアシアホウドリ、アナドリ、ハシボソミズナギドリ、ヒメウが観察された。
[PR]

  by koichi_78 | 2008-05-25 22:25 | 海鳥

白いトウネン

浜辺にできた小さな潮溜まりに、十数羽のトウネンが盛んに餌とりをしていた。
端から見ていくと、その中に一羽だけ赤くはなく白っぽい個体を見つけ慌ててレンズを向けた。
ところが散歩の人に飛ばされてしまい、万事休す・・・
しかたなく、場所を移動してミユビシギを見ていると、その個体が偶然目の前に・・・

今の季節個体差はあるものの、それぞれ赤い夏羽を装っている中、こんなのがいると一瞬ドキッとしてしまった。
良く見るとだいぶ羽が擦れている。 何らかの理由で冬羽から夏羽に変わるのが遅れているのだろうか?
それとも・・・。
c0035296_8492563.jpg
 トウネン Red-necked Stint (17/May/2008)

追加画像(上記同個体)
c0035296_7352093.jpg
c0035296_735333.jpg

[PR]

  by koichi_78 | 2008-05-20 08:54 | シギ・チドリ・ジシギ

趣向

堤防の先に着くと、おおよそ数千はいるであろうオオミズナギドリがすぐ目の前に舞っていた・・・
沖から帰ってくる大漁の船につれられ、その小さな港の入り口までやって来たのだ。
しかしこれだけの数もさることながら、鳥との距離が近い。
航路ではまだしも、陸からの観察となると稀ではないだろうか?
そんな束の間の至福の時を過ごしている私達を横目に、多くの釣り人達が糸を垂れていた。
だが、趣向が違うと物の価値観もまるで変ってくる。
当然鳥など興味の無い釣り人達、我々を見る冷めた目はなんとも・・・。
c0035296_9193841.jpg

c0035296_9202148.jpg
c0035296_9203830.jpg
c0035296_9205216.jpg
オオミズナギドリ Streaked Shearwater (17/May/2008)
[PR]

  by koichi_78 | 2008-05-19 09:24 | 海鳥

ラッキー・・・

昼食をとるため立ち寄った岸壁を歩いていると、何かの視線を感じた・・・
ふと海面を見ると目が合ったのは夏羽のウミスズメだった。餌とりの為、潜っては浮かんでをやり始めたが
潮の引いた港内には小魚がいなかったみたいだ。 
何艘かの釣り船が戻ってくると驚いたのか、沖へと出て行ってしまった。
しかしここで会うとは予想もしていなかったので、ラッキーな昼食だった・・・。
c0035296_812064.jpg
ウミスズメ 夏羽 Ancient Murrelet Adult-summer (10/May/2008)

ちなみに下のが冬羽のウミスズメ。
c0035296_841884.jpg
ウミスズメ 冬羽 Ancient Murrelet Adult-winter (16/Dec/2007)
[PR]

  by koichi_78 | 2008-05-13 08:05 | 海鳥

小さな世界

小さな世界でも色々あるようで・・・
つかず離れずしていたこのウズラシギ達を観察していると、片方が体を膨らませもう片方に
向かってゆき、挙句は羽を上げ尾を立てる行動を目の当たりにした。
威嚇なのか求愛なのかわからないが、された方はあまり気にするようでもなく、軽くかわして
餌を採るのに夢中だった。
もしかすると、つれない相手に業を煮やしてしまっての行動だったのだろうか?
結局最後は擦り寄っていたのがなんともいえなかった・・・。
c0035296_9305371.jpg

c0035296_935297.jpg

c0035296_9351695.jpg

c0035296_9594939.jpg
ウズラシギ 成鳥 夏羽  Sharp-tailed Sandpiper Adult-breeding (10/May/2008)


それにしても上の行動中に尾を広げてくれたのはありがたい。
このウズラシギの英名「Sharp-Tailed 」の由来である「尖った尾」がわかるだろうか?
中央尾羽くらいだろうか?尖っているのは・・・。

c0035296_10142771.jpg

[PR]

  by koichi_78 | 2008-05-11 09:41 | シギ・チドリ・ジシギ

紅い・・・

トウネンフェチとしてはこの季節の赤いのには黙っていられないのだけど
たいしたクレナイはいなかった・・・
形?が平均な個体が多い。
やっぱり、秋の渡りの方が個性的なのが来るから楽しいのだ・・・。
c0035296_21453145.jpg
c0035296_21401987.jpg
トウネン 成鳥 夏羽  Red-necked Stint Adult-breeding (05/May/2008)
[PR]

  by koichi_78 | 2008-05-08 21:48 | シギ・チドリ・ジシギ

ハシジロアビ

それなりに存在感はあったのだけれど、これが黒い方だったら・・・
しかし居なくなると寂しいものだ。
c0035296_8111365.jpg
c0035296_8113035.jpg
ハシジロアビ 幼羽  White-billed Diver juvenile (Aprl/2008)
[PR]

  by koichi_78 | 2008-05-08 08:14 | 海鳥

オオハシシギ

やや短めの嘴を持つオオハシシギ。この手はしっかり覚えていかないと、その時の為に・・・
c0035296_22393622.jpg
c0035296_22394874.jpg
c0035296_224026.jpg
c0035296_2372641.jpg
オオハシシギ 夏羽(全て同個体)  Long-billed Dowitcher Breeding (05/May/2008)
[PR]

  by koichi_78 | 2008-05-06 22:46 | シギ・チドリ・ジシギ

コアオアシシギ

GW後半の天気も最初の予報を大きく外し霧雨の降る肌寒い陽気の中、それでも
こんなのに会うと少しは気分だけは晴れてくる。でももう少し愛想が良いとなぁ・・・。
c0035296_121554.jpg
コアオアシシギ 成鳥夏羽 Marsh Sandpiper Adult-breeding (04/May/2008)
[PR]

  by koichi_78 | 2008-05-06 12:22 | シギ・チドリ・ジシギ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE