<   2009年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

2009年の鳥

今年もっとも印象に残った鳥は、やはりこれしかないだろうか・・・
二番穂の生えた田圃から飛び立ち、こちらへ向かって飛んで来た時の事を思い
浮かべると、今でもこみ上げてくるものがある。
もちろん他にも沢山の出会いやがあった訳で・・・台風通過に突っ込み、ヒメシロ
ハラの撮影に夢中なあまり車が何度も波を受け、壊れたり・・・
2匹目のドジョウ宜しくと甲板に立つも、突風にあおられカメラを倒し、痛い出費が
出たとか・・・何だかドタバタするも、楽しい一年だった。

何はともあれ、来年皆様にも良い年でありますようお祈り申し上げます。
c0035296_916794.jpg
c0035296_9162146.jpg
ウスハイイロチュウヒ 幼鳥  Pallid Harrier juvenile (Jan/2009)
[PR]

  by koichi_78 | 2009-12-31 09:21 | ワシ・タカ・フクロウ

ホイグリン?

今回遭遇した個体は脚の色こそ前回ほど黄色くないが、それでも見た目黄色が
かった薄いピンク。しかし、ウミネコほどの濃い背の色が強烈な印象を持たせて
くれた。
さっそく翼の詳細をと待ってみるが、これがなかなか簡単に見せてくれず、観察し
てから30分経ってようやくチラッとやってくれるだけ・・・
日没も近く、他のカモメも見たく少しだけ余所見をしてたらトラックの排気音に驚き
数百単位のカモメが一斉に飛んでしまい終了・・・。
残念ながら少ない情報しか得られないながらも、それなりに楽しい個体と思うのだ
が、また会えるだろうか?・・・。
c0035296_1851913.jpg
c0035296_17564596.jpg
c0035296_1757646.jpg
ホイグリン?またはタイミレンシス? 成鳥冬羽 
Heuglin's Gull or "taimyrensis" ? Adult-winter (27/Dec/2009)
[PR]

  by koichi_78 | 2009-12-29 17:50 | カモメ・アジサシ

タイミレンシス

多くのカモメが並ぶ中、やけに目立つ成鳥冬羽カモメがいた。長く黄色い脚と
背の色も周りに居るセグロカモメより明らかに濃く、ウミネコに近い。 
こうなるともう例のホイグリンカモメかと思いを巡らせるわけだが・・・やはり多く
の情報を見ないと何とも言えない。
そしてその情報から翼(初列風切)の黒色部が外側から6枚あり、その他の特
徴も下記の様に分った。
まず外側2枚(P10、P9)のP10に大きな白色部(ミラー)、P9にも小さなミラー
がある。
そして外から3枚目(P8)は伸長中、4枚目と5枚目(P7、P6)の黒色部と淡色
部の境に白いmoonと言われるものが確認できる。
最後に外側から数えた6枚目(P5)に小さな黒色斑があった。これらから自分
的には、ホイグリンでは無くタイミレンシス的な個体ではと思うのだが・・・?
逆に言うと黄色い長脚にウミネコの様な濃い背中で、P10だけに小さいなミラー、
初列風切の黒色部が外側から7枚以上でできればmoonが無いか、P6とP5に
気持ち程度?有るのがいると要注意か・・・。
c0035296_1694927.jpg
c0035296_16152857.jpg
c0035296_16155065.jpg
タイミレンシス? 成鳥 冬羽  L.h.'taimyrensis'? Adult-winter (19/Dec/2009)

※上記の個体の追加画像
ujimichiさんのご指摘の通り、画像を良く見てみるとP1と思っていた所はS1(画像B
とCのS1?)の様で、P9とP8と思われた間に短い本当のP8(画像BとCのP8?)が有る
様で、P8と思われた所は実際P7(画像B,CのP7?)と言う事で(分りにくくてスイマセン)、
初列風切の黒色部は7枚有るみたいです。とすると、moon以外はホイグリンカモメに
近くなった様です。(ujimichiさん、ありがとうございます。)
c0035296_22261993.jpg


c0035296_16185055.jpg
タイミレンシス? 第1回 冬羽  L.h.'taimyrensis'? 1st-winter (19/Dec/2009)
[PR]

  by koichi_78 | 2009-12-26 16:10 | カモメ・アジサシ

怪しい・・・

堤防にカモメの数が多いのはとっても嬉しいのだけど、あまり密度が高いと
結構疲れるし、意中のカモメも見つけにくい・・・
こう言う時に限って変なの居るナァ~と思いながらも、体半分しか見えてな
かったりと思う様に行かない。 
もう少し間隔を空けて羽根を休めてくれると良いのだが・・・。
c0035296_18233044.jpg
ちょっと怪しい?第1回冬羽の大型カモメ類  (19/Dec/2009)
[PR]

  by koichi_78 | 2009-12-24 18:28 | カモメ・アジサシ

スミス

この日カモメは多い割りにカナダカモメが見つけられなく、ならば他のと
堤防を見渡す。すると、背中の色がユリカモメ位の大型カモメが目に付いた。
頭部の斑は薄いが目の色は黄色い。より多くの情報が欲しいので飛ぶま
で待ち、運良く直ぐに他のカモメに驚き飛んでくれた。
詳細は省くがその初列風切羽の特徴からアメリカセグロカモメ(通称スミス)
の4年目と思う個体だった。
c0035296_21485433.jpg
c0035296_2149580.jpg
c0035296_2149186.jpg
アメリカセグロカモメ 第4回冬羽  American Herring Gull 4th-winter (19/Dec/2009)


次に、薄い夕焼けをうけていたカモメの中に、一際目立つ濃い体色の幼鳥
カモメ。どことなくカナダカモメを思わせる可愛らしい頭部の形状。しかし、嘴
はややゴッツイ・・・  その濃い体色だけと言う安易な発想でスミス?と思っ
て撮影。ところがよそ見をしている時に姿が・・・これ以上の情報はないが、
よく見るとオオセグロカモメの幼鳥にも見えてくる。でも初列風切の出方が
長いような・・・
他には肩羽や雨覆の羽縁の白い縁取りがとても綺麗で、特徴的か。
ここら辺を調べてみると、スミスの幼羽個体と思うのだが・・・。
c0035296_21522458.jpg
アメリカセグロカモメ? 幼羽  American Herring Gull? Juvenile (19/Dec/2009)

何れも、悩みながら解いて行く事もカモメの楽しみかな?
[PR]

  by koichi_78 | 2009-12-21 21:55 | カモメ・アジサシ

脇役

この日のフィールドは、フルマカモメやハイイロウミツバメなど普段陸から見れない鳥
の出現とあって、いつものカナダカモメには脇役に・・・と言うのは言い訳で、なかなか
見つける事が出来なかったのです。でも陽の落ちる直前にいつもの堤防にひっそりと・・・。
c0035296_22391692.jpg
カナダカモメ 第3回冬羽 第2回冬羽  Thayer's Gull 3rd-winter  2nd-winter (12/Dec/2009)
[PR]

  by koichi_78 | 2009-12-19 22:41 | カモメ・アジサシ

掟・・・

日本で見られるウミツバメ類の中でも、異色と言うか唯一体の色が黒色(暗色)ではなく灰色
であるハイイロウミツバメ。 その綺麗な容姿から人気も高いと思うが、よっぽど海が荒れない
限り陸からは見る事ができない。 だがこの日数羽が港に迷い込んでしまった・・・
もちろん鳥好きにとってはとても幸運な一時になったのは言うまでも無いが、彼らにとってそ
れは災難を通り越して死を意味する事でもあった・・・
c0035296_1733647.jpg
ハイイロウミツバメ  Fork-tailed Storm-petrel (12/DEc/2009)



風上に向かって必死に沖に出ようとしていたが、体力の無いものに容赦無く襲いかかるカモメ達。
そして衝撃的なシーンが・・・
普段そのカモメを見ている者にとっては複雑な心境だが、これが自然の掟か・・・。
c0035296_17344788.jpg
c0035296_1735294.jpg
(12/DEc/2009)
[PR]

  by koichi_78 | 2009-12-16 18:25 | 海鳥

鼻・・・

海鳥の中でもミズナギドリ科やウミツバメ科類には、嘴の上部に「管鼻」と言う器官を
備えている。この管鼻だけど、その字の通り「管状の鼻」なんだけど、その役目の一つ
に海水を濾して真水にして体に取り入れ、再び余分な塩分を排出するそうだ。
見れば見るほど不思議な形をしているけど、重要な役目をしているのだ。 
しかし、フルマカモメのその立派さには驚いてしまう・・・。
c0035296_1849870.jpg
c0035296_18492536.jpg
c0035296_18495799.jpg
フルマカモメ 暗色型  Northern Fulmar Dark-phase (12/Dec/2009)

ちなみにちょっと控えめなアカアシミズナギドリの管鼻。
c0035296_18535673.jpg
アカアシミズナギドリ  Flesh-footed Shearwater (27/Jun/2009)
[PR]

  by koichi_78 | 2009-12-14 18:55 | 海鳥

白頭系2

この時期にしては何か変な奴と言うか・・・存在感は有ったりします。
しかし、静止画像だけだと何も分らず・・・。
c0035296_22492681.jpg
(05/Dec/2009)
c0035296_2249444.jpg
こちらは昨年末撮影の白頭カモメ (31/Dec/2008)
[PR]

  by koichi_78 | 2009-12-12 22:52 | カモメ・アジサシ

白頭系・・・

カナダカモメも何とか識別出来る様?になって来たところで、今期からは白頭系の
大型カモメも積極的に見つけて行こうと思う。しかし、カナダカモメとは違って識別
するのは難しい・・・ 取りあえず資料用の画像を沢山撮って悩むしかないか・・・。

以下は先日やけに頭が白く目立つカモメだったので撮影した。この手を読み解いて
行くには、翼の形状(初列風切羽)は特に重要なので飛翔画像は必ず欲しい・・・。
c0035296_1893570.jpg
c0035296_18104441.jpg
c0035296_1811167.jpg
c0035296_1811186.jpg
モンゴルカモメ? 第3回冬羽 
Mongolian Gull? (Larus mongolicus?) 3rd-winter (05/Dec/2009)
[PR]

  by koichi_78 | 2009-12-10 18:31 | カモメ・アジサシ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE