急降下

青く高い空を見上げ、そこに肉眼でやっと確認できる黒い点。
双眼鏡で覗くとそれが猛禽である事が解ると、なんだかとても得をした気分になる。
でも、そのシルエットの尾の形を見て、本人?には悪いが「トビかー」と語尾が下が
ってしまう時もある。
なんでだろうか?紛れもない猛禽なのに、見慣れている訳でもないのだけど・・・
しかし、今回はチョッと違った。
いつものフィールドでチュウヒが揺ら揺らとヨシ原をやっていると、突然上空で弧を描
いていたヤツが急降下してチョッカイをしだした。
急な展開でいくらかチュウヒも怯んだが、反撃しだした。
でもそれは決して相手を傷つける行為ではなく、何か戯れているかのようだった。

僕は面白いなーと何枚か撮った。
そしてそれを改めて見ると、「トビもなかなかヤルナー」と感心し、猛禽である事が
改めて確認できたように・・・思えた。
c0035296_22103293.jpg

左 トビ、右 チュウヒ (05/03/21撮影)
[PR]

  # by KOICHI_78 | 2005-03-23 22:12 | ワシ・タカ・フクロウ

変身

人気blogランキング

目的のヤツを撮りに行くのも楽しいが
そこには何が居るかわからない、というか新顔が居る期待感を持って訪ねるのも
とても刺激的だ。

いつものように農道をゆっくり流して、各ポイントを見て回る。
「コチドリ入ったねー」とか「タゲリだけかー」とかブツブツ言いながら双眼鏡を
首に掛けたまま車を走らせる。 つい忘れて双眼鏡を掛けたままコンビニに入って
しまった時はさすがに恥かしい・・・

そんな事を経て本命ポイントに着くと、今までのとは違うヤツが入っていた。
この瞬間がたまらないのである。
綺麗なオレンジ色の長い脚、お揃いの色の口紅?「ツルシギだ!」と思わず口に出
してしまう。
僕自身シギやチドリ類は地味でまた識別が難しいと思っていた。でも識別は別として
地味というのはとっくに撤回している。
シーズンを通して羽の換わり具合はなんともいえない。冬は確かに地味だけど、これから
夏羽になるととても美しくなるものが多い。

でもこのツルシギは、あくまでも私感だが冬羽の方が品があって貴婦人といった感じだが
夏になると一変して渋谷辺りに居た(チョッと古いかな)ガングロ系に変身してしまうのは
チョッピリ残念である・・・
c0035296_1214257.jpg
c0035296_12144289.jpg
c0035296_1214516.jpg

05/3/21撮影 ツルシギ
[PR]

  # by KOICHI_78 | 2005-03-22 12:17 | シギ・チドリ・ジシギ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE